2004年9月アーカイブ

The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
2) $paginate_current_page = 2; $paginate_sections = array( 0 , 5, 7); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 7; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>

カンガルー日和 村上春樹


おもしろかったものに◎
 カンガルー日和
◎4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて
 眠い
 タクシーに乗った吸血鬼
 彼女の町と、彼女の緬羊
 あしか祭り
 鏡
 1963/1982年のイパネマ娘
◎バート・バカラックはお好き?
 5月の海岸線
◎駄目になった王国
 32歳のデイトリッパー
 とんがり焼の盛衰
◎チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏
 スパゲティーの年に
◎かいつぶり
 サウスベイ・ストラット―ドゥービー・ブラザーズ「サウスベイ・ストラッ ト」のためのBGM
◎図書館奇譚

アフターダーク 村上春樹

マリとタカハシの会話のリズムがいいかんじ。

「もしあなたがうちのお姉さんと一緒にそのホテルに入って、セックスしたとする。ひとつの仮定として」
「ひとつの仮定として」
「ひとつの仮定として。そしてその上で、私が『あなたはうちのお姉さんと一緒にそのホテルに入って、セックスをしたでしょう?』と質問したとする。仮定として。」
「仮定として」
「そうしたらあなたは正直にイエスと返事すると思う?」
高橋はそれについて少し考える。
「しないと思う。」彼は言う。「たぶんノーって言うだろね」

スプートニクの恋人 村上春樹

時期外れな感じで、「海辺のカフカ」、「スプートニクの恋人」と読み、この本で村上春樹にはまるのがわかった。これは、かなり気にいっちゃたよ。


「見ず知らずの他人の過ちを批判するのはたやすく、心地よい」
「幸運であることに慣れすぎていて、たまたま幸運じゃない人たちについて理解しようとしなかった。
健康であることに慣れすぎていてたまたま健康でない人たちの痛みについて理解しようとしなかった」
「ねえ、自分が今やっていることが正しいかどうか迷うことってある?」「迷わないことの方がむしろ少ない」と僕は言った。

黄金の島(上)(下)真保祐一

「自分勝手」という人間誰しもが根本に持っている身勝手さが、生死に関わる貧しい生活の中では「悪」と思えない。切ない。第三者ならそう思えても、自分だったら?どうだろう・・・。映画になりそうな描写にもやられた。


不思議な感じ。ストーリーじゃなくて文章がおもしろい。うーん、おもしろいというより好きなかんじ。独特なキャラクターも。


反乱のボヤージュ 野沢尚

野沢さんの作品の中では、まあまあなかんじなんだけど。やっぱり引き込ませる描写の仕方とかはすごいなあと思う。お金とか暴力とか恋とかテーマは深い。「今の適当に生きている君たちのほうがもっと嫌いです」みたいな言葉があったけど、なるほど。

オーデュポンの祈り 伊坂幸太郎

シュールってこういうのに使わないのかな。シュールな小説。登場人物の設定が独特。エスカレーターの右があいているのはなぜか?自分がエスカレーターの右側を歩いた時理解した。

「人生ってのはエスカレーターでさ。自分はとまっていてもいつのまにか進んでるんだ。乗った時から進んでいる。到着するとこは決まっていてさ、勝手にそいつに向かっているんだ。だけどみんな気がつかないんだ。自分のいる場所だけはエスカレーターじゃないと思ってんだよ。」

1) : ?> 1) echo ' | '; if($i == $paginate_current_page) { echo sprintf(" %d ", $i); } else { echo " %d ', $i) . ''; } } ?>

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ