2004年12月アーカイブ

The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
1) $paginate_current_page = 1; $paginate_sections = array( 0 , 5); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 5; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>


「惨め」とユキは首を振りながら言った。
「実に」と僕は言った。

僕が「それはよかった」という台詞を使うのは、他にも何ひとつとして肯定的言語表現を思いつけず、しかも沈黙が不適切であるという危機的状況に限られている。

「これはむずかしいぜ、ワトソン君」と僕はテーブルの上の灰皿に向かって言った。もちろん灰皿は何も答えなかった。灰皿は頭がいいからこういうことには一切関わり合いにならないようにしているのだ」

こーれは、おもしろい!
なんだろう。好きです、村上春樹。言葉が、文が、ワールドが、好きです。
本はいっぱい読むけど、あまり買わない主義が砕けそう。
だから本って買うのかと。

「データが不足しているのだ。だからいつも回答がでてこないのだ。何かが欠けているのだ」

「もちろんそれなりの金はかかるが時間と手間を金で買うのだと思えば決して高い金額ではない。」

僕はすごく驚いたのだ。――ごく控え目に表現して。

オーケー、これは現実だ。間違いない。繋がっている。

「君はいつも1人で好きにやっているみたいに見えた。他人がどう評価するとかどう考えるとか、そういうことはあまり気にしないで、自分のやりたいことをやりやすいようにやっているように見えた。きちんとした自分というものを確保しているように見えた」

ブルータワー/石田衣良

いつものノリのよい石田衣良の文ではないけど、これまた良い。
シューを生かすために、仲間が倒れていく追い込みのところは映画のようで、
読むのがとまらなかった。

「人の価値を決めるのは・・・すべてを奪われ裸にされたとき、自分からすすんでなにをするかなのだ」

「自分は普通の人間だ。特別にすぐれているわけではない。あなたが同じ状況になれば同じことをするだろうし、きっと同じように成功するだろうと」



不思議なお話。
おもしろい、という表現を使っていいのかわからない。
けれど、すごくおもしろいのだよ。

「本当にしゃべりたいことは、うまくしゃべれないものなのね。そう思わない?」
「わからないよ」と僕は言った。

「やれやれ」

1973年のピンボール/村上春樹

「人はどんなことからでも努力さえすれば何かを学べるってね」
どんなに月並みで平凡なことからでも必ず何かを学べる。

「お願いがあるの」と双子の1人が言った。
「日曜日に車を借りられるかしら?」ともう1人が言った。
「多分ね」と僕は言った。
「でも何処に行きたいんだ?」
「貯水池」
「貯水池?」
二人は肯いた。
「貯水池に何しに行くんだ?」
「お葬式」
「誰の?」
「配電盤よ」
「なるほどね」と僕は言った。
そして新聞の続きを読んだ。

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ