2007年7月アーカイブ

The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
3) $paginate_current_page = 3; $paginate_sections = array( 0 , 5, 10, 12); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 12; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>

ミーナの行進/小川 洋子

朋子の過ごした大切な1年間の思い出。
切ない幼い恋、ぽち子の死、バレーボール熱、ミーナとマッチ箱の物語。
とても優しい、懐かしい、そんな物語。

地下鉄(メトロ)に乗って/浅田 次郎

時を旅する真次とみち子が、若いときの父(アムール)と母、お時の関係を知って・・・
全体的に暗い。まあまあ。

地下鉄(メトロ)に乗って/浅田 次郎

時を旅する。
若いときの父、母の、関係がわかる。
なんか全体的に暗い。

節約術
・助成金(チャイルドシート、出産祝い、出産育児一時金、出産手当など)
・クレジットカードで買い物、引き落とし。
・学資保険(ソニー損保)
・衣類の無視は15℃以上で活動。クローゼットの除湿・通風
・靴・バックは良いものを買う。長く(5年)使えるものを。
・水筒持参
・アイロンはまとめて、高温から
・洗濯したらすぐ干す。
・洗濯槽の掃除(重曹1カップ2分ほど入れ、回し、4?5時間おき、すすぎ、脱水)
・イモ類、根菜、かぼちゃ、ブロッコリーなどはレンジしてからゆでる。
・ひげそりは新聞上で
・契約アンペア
・中火が一番良い
・蛇口のハンドルを全開にしない
・冷蔵庫、冬は中から弱に。
・炊飯器の保温機能は使わない。
など

局アナ 安住紳一郎 /安住紳一郎

暇つぶしには、丁度良いけど。まあまあ。

三毛猫ホームズの卒業論文/赤川 次郎

久々に三毛猫シリーズを読んだ。なつかしー。ストーリーはまあまあだけど、
キャラクターが面白い。

女性の品格/坂東 眞理子

薄っぺらい中身のなんにも役にたたなかった本。

なるほどメモ。
「忙しい、忙しい、という人で仕事のできる人はひとりもいません。」
「捨てる」「磨きこみ」「整理整頓」の繰り返しが心もクリアにし、
すべてに対して明確に答えられる自分自身がはっきりみえてくる」

「汚く乱雑である空間からはマイナスエネルギーが発せられ、さらにマイナスを引き寄せる」
(探し物がみつからない。TDL。NYの地下鉄。)
「もったいない」「まだ使える」→これから成長するのに「必要か否か」で必要なければ捨てる。
「いつか必要」→「いつかはこない」
「必要か不必要かを判断していく中で、何が一番重要であるかは、判断に迷うときは、
「未処理フォルダ(保留フォルダ)」を作って一時保管。後は捨てる。
「捨てる」→不要な画像、不要なソフト、メルマガ、名詞、本、TV

村上春樹の訳だったから読んでみたけど、なかなか無理やり読み終えた感じ。
一話一話は短くて、なかには、面白い話もあったけど、
読みきるのが辛い、長い本だった。

八月の路上に捨てる/伊藤 たかみ

芥川賞受賞作。文学作品ぽいかんじでなかなか良かった。
離婚の話、対照的な素敵な夫婦の話。


「決してぶつけてはいけない言葉を感情のままに相手にぶつけ、それから程なくして、ひとり置いてかれたのだ。ほんとうは言いたかった<ごめんなさい>を言うこともできないまま」

「誰に何を言われても消えない後悔なら、自分で一生抱えていくしかないのよ」

村山由香の本はとっても大切な人が亡くなって、胸が痛い感動する話が多い。
でも、なんだかあったかいような、大事なことを教えてくれるような、そんなかんじ。

夜警/赤川 次郎

赤川 次郎っぽい、面白い話だった。
ただ、人がポンポン死にすぎだし、ありえない感じではある。
それが赤川次郎ワールドだけど。

1) : ?> 1) echo ' | '; if($i == $paginate_current_page) { echo sprintf(" %d ", $i); } else { echo " %d ', $i) . ''; } } ?>

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ