2009年12月アーカイブ

The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
6) $paginate_current_page = 6; $paginate_sections = array( 0 , 5, 10, 15, 20, 25, 26); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 26; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>


今日はせっかくの神楽坂でランチなのに、もう年末なので、
行きたいと思っていたお店、3軒電話してだめだった・・・。

で、やっていたお店、KAGURAZAKA STAGIONE

口コミ情報から、パスタはまあまあだけどピザが美味しいとの情報があったので、
ランチのコースで二人でピザを頼んで分けて食べた。

pizzastagione.jpg

dessertstagione.jpg
マルゲリータはけっこう美味しかったけど、
写真のピザはいまいちだった・・・。

お店の雰囲気は、けっこうよくて二次会もできる感じ。デートとかにも良さそう。
昼は明るいし、夜は素敵な空間になりそう。

軽井沢でスキー・スノボー旅行


今日・明日と軽井沢へ。
私と旦那さんはショートスキー、残り4名スノボー、内2名初めて。

軽井沢の雪山は人工雪だし、コースも初級・中級コースが多くて一番上でもいまいち。
お昼のパスタもオムライスもまずかった・・・。

けど、泊まったところ、ビッグウィーク軽井沢、は
広くて、綺麗だし、調理器具とかもそろってるし、かなり良かった。
6人くらいでわいわい泊まるならおすすめ。

次の日は、アウトレットでちょっと買い物して特に渋滞もなく帰宅ー。


今日は、スイスで買ってきたバシュランモンドールの残りをにゃろオススメ食べ方で
食べようと思って、2人じゃ食べきれないので、旦那さん実家へ。

そのままオーブン焼きにするつもりが、アルミホイルがなかった・・・。

ので、耐熱皿に移してチーズフォンデュのように、からめて食べてみた。


DSC04110.JPG


DSC04111.JPG

DSC04116.JPG
実は、にゃろメモ忘れてワインもにんにくも入ってないんだけど・・・
十分美味しかった。

うちでクリスマスパーティ



091224dinner.jpg
今日は、うちで食べ物を持ち寄ったり作ったりでのクリスマスパーティ☆

091224chiken.jpg
メインはまるまる一羽のチキン

091224chiken2.jpg
こちらはケンタッキーではないチキン

091224odoburu.jpg
オードブル盛り合わせ

091224soup.jpg
ミネストローネ

あとは、フランスから買ってきたバターの食べ比べとか、チーズとか。
パンは、メゾンカイザーのフランスパンと蜂蜜入りのなんか美味しかったパン。

091224cake.jpg
そして、ぎょぴと二人で作ったブッシュノエルと
ヨーロッパで買ってきた立つ型で作ったクッキー

クリスマスソングをかけ、美味しいものを食べ、わいわい話して、
恒例のクリスマスプレゼント交換も、無事にハズレなく終わり。
楽しいクリスマスイブー。


今日は、少し早いクリスマスディナーを、お気に入りのスクニッツオで。


DSC02915.JPG
フランス産フォアグラのラビオリ コンソメースープ仕立て

DSC02917.JPG
能登島高農園からの有機野菜の香りと オマール海老の一皿

DSC02918.JPG
あんこうと蛤、白葱、ドライトマト、ポルチーニのリングエッティーネ

DSC02920.JPG
和牛ボロネーゼの小さなラザニア

DSC02921.JPG
ビュルゴー家 鴨胸肉の燻製と苺のヴィンコットソース  黒トリュフ 栗ご飯添え

DSC02922.JPG
‘スクニッツォ’クリスマスケーキと佐渡島 ルレクチェのソルベット
高級チョコレートのムースもご一緒に

DSC02928.JPG
最後にかわいい顔を書いてくれた!


今日は、高級食材盛りだくさんで、次の料理にどんなものが出てくるか楽しみだったし
味もどれも美味しくて、幸せー。


いなん家へ お土産の堂島ロール


今日の午後は、赤ちゃんが生まれてから初めての、いな家へ集合。
つばさの赤ちゃんも揃って、二人の赤ちゃんに癒されるー。


dojimaroll.jpg


お土産に買っていった銀座三越で買ったモンシュシュの堂島ロール
相変わらず並んでいてすごい人気。
自宅用にも買ってしまった。だって、やっぱり美味しい。
ふんわりスポンジと、このクリーム。シンプルなクリームなのに、とても美味しい。


ベターホーム料理教室


bettertamago.jpg

今日のメニューは、出し巻き卵と筑前煮

出し巻き卵、初めて作ったけど、意外と簡単にきれいにいった。
あの四角い卵焼き用フライパン欲しいけどけっこう高い・・・。
そんなに頻繁に作るもんでもないしなあ。

クッキーを焼いた


今日はお昼に、前の前の会社の同期の家に遊びに行って、
夜に、前の会社の先輩の送別会に行くので、お土産にクッキーを焼いた。

amondkukki.jpg
ちょっと焼きすぎでサクッと感がなくて失敗。

emijiirikukki.jpg
これは、ヨーロッパで買ったアルファベットの文字がクッキーに入れられる道具を使用。
初めてだったので、最初文字を逆にセットしないといけなかったりで苦戦。
一つ一つ、言葉を変えるとアルファベットを探すのも大変だし・・・。

thank you と 名前 を入れるだけでかなり時間がかかった。
好きな言葉を入れられるのは良いけどね。

ゴールデンスランバー(試写会)をみた


goldenslumber.jpg

伊坂幸太郎原作のゴールデンスランバーをギョピのおかげで試写会でみれた。

伊坂さんの作品はどれも面白いので、かなり好き。
本もだいたい全部読んでいるから、話は面白いと知っていたけど
東野さんの映画化された作品は、まあまあだったので、こっちはどんな感じか・・・
と、思ってたら、かなり良かった!

よく考えられて作ってある。面白いおススメ映画。

リピート/乾 くるみ

この人の作品は、アイデアが面白い。
細かい人間関係、文、とかもうちょっとな感じがするけど、リピートという発想が面白い。

ヨーロッパ旅行 ジュネーブから成田


成田へ帰る日、安いスタッフチケットだったのでぎりぎりチェックインカウンターまで
その日に帰れるかわからず、かなりドキドキだったけど、無事に席があって帰れた。

スイスで美味しいものと言えば、チーズとチョコレートとじゃがいもかしら・・・。
ってことで、にゃろオススメチーズと食べ方。

vachrinmontdo.JPG

Vacherin Mont d'Or (ヴァシュランモンドール)とグリュイエールダルパージュ

・ヴァシュランモンドール

フランスとスイスの国境モン=ドール周辺で作られるチーズ。
軽く殺菌した牛の乳で作られるのがスイスのヴァシュランモンドールで、
無殺菌で作られるのがフランス産のモンドール(A.O.C)。
そのままクラッカーなどと食べられるが、スイスではオーブンで焼くのが一般的。
ある程度食べたら、にんにく2片と白ワイン(辛口)を入れ、チーズのふたをして、
まわりの木枠がこげないようアルミで包んで200℃くらいのオーブンで溶けるまで焼く。
ゆでたじゃがいも、人参、ブロッコリーなどを絡めて食べる。

まず、そのまま食べたときに味が、かなりの美味しさ。
2、3日たって食べたら味が変わってたから もっと開けた日に食べておけばよかった。

残りは、野菜などにつけて食べてみようっと。

・グリュイエールダルパージュ

スイスが誇るグリュイエールの中でも、夏の放牧(アルパージュ)が終わって
里に下りた牛の乳で作ったもので、特に美味しいとされてる。
秋から3月くらいまでしか店頭にでない。
そのまま食べてもグラタンなどにしてもOK


camille.jpg
Camille Bloch(カミーユ・ブロッシュ)

スイスのチョコと言えば、リンツだけど、リンツはけっこう日本にきてるので、
きてないチョコで美味しいもの。

フランスは特にそうだけど、スイスのこのチョコにしても、
そこらへんのスーパで買えるお菓子なのに、けっこう美味しい。
生チョコとかも、もちろん美味しいけど、日本に持って帰るまでの扱いが難しいから、
こういうチョコはとても良いね。


ヨーロッパ旅行 ジュネーブ再び

今日はのんびり起きて、ジュネーブの韓国料理屋さんへ。

DSC01566.JPG

DSC01565.JPG
プルコギを頼んだら、けっこう美味しかった。

jedeau.jpg
散歩していると、レマン湖に初日には見られなかった噴水が!

DSC01573.JPG
そして、虹も!

なんだか、レマン湖の付近をのんびり歩いていると頭がとろけそうにぼーっとなる。
寒いけど、天気は良いし、平和なのんびりする国だ・・・。

その後スイスのチョコレート屋をめぐる。

美味しいといわれている
Stettler(ステットラー)、Rohr、Du Rhone の3軒を回る。

お店で一粒ずつお試しに食べさせてもらったんだけど、パリで食べたメゾンドショコラの
美味しさと比べてしまうと・・・。なかなか買うに至らなかった。

その後、夕飯の食材を買いにマノーへ行く。
私がブリュッセルで食べられなくて残念がってたムール貝を、
にゃろが作ってくれるというので楽しみ。

DSC01578.JPG
ムール貝とフライドポテト。お店でも必ずこのセットで出てくる。

DSC01580.JPG
モッツアレラチーズとトマトのサラダ

DSC01583.JPG
フランスの郷土料理、すごい伸びるジャガイモチーズ

マジ美味しかったー。

DSC01584.JPG
食後はデザートのお菓子まで。

長いこと泊めてもらって、美味しい料理も頂いて、ホントお世話になりました。


DSC01529.JPG
ニュルンベルクとミュンヘンのクリスマスマーケットで買ったクリスマス雑貨。
もっと欲しいもの、いっぱいあったけど、うちでも飾れそうなものだけにした。

DSC01588.JPG
ミュンヘンのデパートで買ったクッキーの型。
左のものは、クッキーが立てられる型だし、右上は押し出してくり抜く型、
右下はアルファベットで文字をクッキーに埋め込めるもの。日本ではあまりみかけない。

ヨーロッパは、クリスマスにかける意気込みが違うか違うからか
クッキー、お菓子などの道具などがすごい充実していた。

DSC01602.JPG
デパ地下で買った甘いマスタード。
白いソーセージを食べたレストランの味と同じで、とても美味しくて、嬉しかった。
白ソーセージに限らず、つけて食べていきたい。

DSC01607.JPG
ダルマイヤーのコーヒー。
私はコーヒーをあまり飲まないので、よくわからないが日本で買ったら高級品。
まだ飲んでないけど、美味しいはず。

DSC01526.JPG
WELEDA(ヴェレダ)のナイトクリームとTOTES MEER(死海の塩)のボディクリーム
どちらもドイツのもので、WELEDAは日本だと3000円以上だけど1000円ちょっと。
かなり安く買える。

あとは、ドイツといえばHARIBOのグミ。
真空パックのソーセージ、お酒の入ったチョコレートなど。

これらは、ほとんど現地在住のなつさんがいたおかげで買えて、大感謝。

ミュンヘン最後の日は、欧州最大級の美術館「ピナコテーク・デア・モダン」へ行った。

展示内容は世界の現代芸術をはじめ、ドイツ美術、インダストリアル・家具デザイン、
建築関連資料・模型など。

DSC01531.JPG

DSC01560.JPG

DSC01533.JPG
絵画とか美術系はあまり興味がないので、家具、建築系を中心にみて1時間くらい。
建物自体がけっこうカッコイイし、なかなか楽しめた。

DSC01562.JPG
美術館のカフェで飲んだかぼちゃスープ。
すごい量だし、しょうがやゴマやオリーブオイルの味が強くて、
かぼちゃスープの味ではなかった。なんか不思議な味。


その後、ジュネーブへ戻るため、空港へ向かう。
ルフトハンザは、なんと自動チェックイン機に日本語があって、わかりやすい。
とてもスムーズ。

ジュネーブ空港からにゃろ家まで、無事に戻る。


今日はミュンヘンの町歩き。

歩いていると面白いものを発見!

DSC01469.JPG
クリスマスの時期なので、ツリーがたくさん売っているんだけど、
その中になにやら筒状の機械が・・・。
ちょうどお客さんが買ったので、見れたんだけど、ツリーをこの機会に突っ込むと・・・

DSC01471.JPG
網でまとめられて、持ち運びしやすいように変身。面白い!


DSC01475.JPG
ダルマイヤー(Dallmayr)

高級食材店。有名なコーヒーの他、見た目も美しい豪華なデリカテッセン、パン、
チーズ、ワインなど様々な食材が揃っていて、いつも多くの人で賑わってるらしい。
チョコレートやクッキー類もいろいろあり、パッケージも素敵なのでお土産に最適。

お金があれば、美味しそうなデリカッセンとかチョコレートとか試したかったけど、
高いし、見て楽しむだけに留める。
けど、なつさんお勧めのコーヒーを教えてもらってたので、ここでは買わなかったけど、
結局最後に空港で買ってしまった。

DSC01486.JPG
昼頃、名物の白ソーセージ( ヴァイスヴルスト)を食べにレストランへ。
白ソーセージは、ミュンヘン伝統の朝食で、お店は朝食をとる地元客が
昼までいて、とても混んでいる。

ここで、ミュンヘンの地元レストランの仕組みに苦労する。
ミュンヘンでは、入り口で立っていても、いくら経っても店員さんはきてくれない。
自分でずかずかと店に入って、空いている席を自分で見つけないといけない。
そして、ドイツ人でいっぱいの席はなかなか空いてなく、相席当たり前。
客同士で、席を譲り合い、店員さんは自分のテリトリーに座った客しか対応しない。

これは、仕組みの知らない観光客にはとても厳しい。
しかもドイツ語しか通じないし、ドイツ語のメニューしかないし。

一軒目は、席がみつからず断念し、もう一軒目でも粘りずよく席を探して、
ようやく地下の奥の席に入れてもらえる。
DSC01482.JPG
ここで、ミュンヘンのレストランの仕組みその2。
店員さんがオーダーを取りに来た時に、待たせずに飲み物を注文しないといけない。
しかもビールが当たり前。
おろおろ頼むものを迷ったりしていると、しばらく注文を取りに来なくなるとのこと。

なので、とりあえず白ビール。やっぱり美味しいー。

DSC01484.JPG
そして、念願の白ソーセージ。
お湯に入った状態で出てきて、1本づつ取り出して食べる。

「白ソーセージ」は仔牛肉を使ったソーセージ。その名の通り、白い色をしている。
とてもやわらかく、普通のソーセージのように肉々した感じがない。
パセリ、レモンの皮、タマネギ、その他の香辛料が入っていて優しい食感。
皮は厚いので、取って食べる。
肉詰めをしてすぐの新鮮なうちにボイルするので午後にはもう食べられないもの。

食べるときは、ナイフで切り込みを入れて、皮を向いて中身だけ食べる。
この時に、甘いマスタードをつけるのも特徴。
この、甘いマスタードがとっても美味しい。
かなり気に入って、スーパーなどで売ってるので購入して日本に持ってきた。

この美味しい白ソーセージは、地元に住んでいるなつさんがいなければ、
観光客用の本当の味でないものは食べられたかもしれないけど、
確実に食べられなかった。本当に大感謝。

DSC01488.JPG
ミュンヘンのクリスマスマーケット。


DSC01487.JPG
クリスマス雑貨のほか、帽子とかも売っていて、寒かったので帽子を購入。

DSC01491.JPG
バームクーヘンで有名なKreutzkamm(クロイツカム)
このお店は、地元のセレブマダムたちだらけで、若い人がほとんどいない。
マダムのお茶の場所って感じで、満席状態で、例によって店員は席を見つけるまで
無視なので、観光客は難易度高し。とっても入りずらい。

お土産だけ買うのもありだけど、せっかくここまできたのだから、あきらめきれず
また、なつさんのお力を借りて、席をとってもらう。

DSC01490.JPG
頼んだ、キッシュクリーム入りのバームクーヘン。
最近日本で人気の、ねんりん家のバームクーヘンに慣れてしまったからか、
生地がとっても固く感じる。
そして、キッシュクリームのところは美味しいけど、ナチュラルな生地は固い印象しかない。
なるほどこれが、ドイツ老舗のバームクーヘンか。

ずっと歩いてたので、落ち着いてコーヒーを飲み、休む。


DSC01504.JPG
ミュンヘンは幾つか、クリスマスマーケットがあり、4ヶ所も回った。
クリスマス雑貨、アクセサリー、ガラス、陶器、木製のもの、食べ物などなど場所によって
売っているものが違う。
写真は、イギリス庭園のところにあるマーケット。

DSC01508.JPG
ここで、ピザ生地のような上にチーズとか乗っかっている食べ物を食べる。
隣の窯でちゃんと焼いていて、美味しい。

DSC01515.JPG
そして、こっちの激混みマーケットはホテルの近くシュバービング地区のマーケット。

DSC01514.JPG
揚げたじゃがいもの間にとろけたチーズを挟んだジャガイモバーガーみたいな食べ物。
これ、美味しいー。

寒い中、ホットワインを飲み、美味しい屋台の食べ物を食べる夕飯もなかなか良かった。 

ヨーロッパ旅行 ミュンヘン


ミュンヘンに着いたら、まずは泊まるホテルへチェックイン。

Fleming's Hotel Muenchen Schwabing(フレミングス ミュンヘン シュヴァービンク )

DSC01520.JPG

DSC01522.JPG

DSC01521.JPG
今回の旅行で一番良かったスタイリッシュな感じのホテル。
綺麗だし、広いし、使いやすい。ネットもフロントでパスワードをもらえば無料で使える。
バスタブはないけど、私の苦手なカーテン式じゃなく、
水が飛び散らないガラスを締める形のシャワーも良し。

DSC01467.JPG
朝食も、何種類かのパン、果物、ハム、乳製品、から選べてその場で
卵料理も何種類からか頼める。飲み物もコーヒー、紅茶ともに種類豊富。

このホテルで休みながら、なつさんの旦那様のお仕事が終わるのを待ち、
なんと車で迎えにきてもらって、夕飯を食べに行くことに!

すごい。ドイツに来て、ドライブ。ちょっと感動。BMWですし。

そして、身体が欲している日本食レストランへ。わーい。

DSC01464.JPG
ビールの飲めない私は、ワインをグラスで頼んだけど(日本より量がたっぷり)、
ドイツのビールを飲ませてもらったら、美味しい!
炭酸の苦手な私でも、美味しく感じる不思議なドイツビール。
明日は、私もビールにしようと思う。

DSC01465.JPG
頼んだカツ丼。
個人的には卵がもっととろっと沢山入って欲しかったけど、米はとても美味しかった。
日本人店員さんのサービスも、やっぱり落ち着く。
おつまみで頼んだ枝豆も美味しかった。



ニュルンベルクのホテルは、
夜の暗い道を1人でホテルまで歩かないといけないから駅から近いホテルを選んで
Ringhotel Loew's Merkur(リングホテル ロウズ メルクール)。

ringroh.jpg
駅からガード下を抜けて目の前でわかりやすい。
部屋は綺麗だし、朝食も野菜はないけどパン・果物・乳製品などまあけっこう美味しい。
ネットは有料で登録しないと使えなかった。

10:30にドイツ在住のなつさんと待ち合わせして、クリスマーケットへ出発。
この町は、観光業で成り立っているという感じでインフォメーションセンターには
日本語の案内もおいてあった。

このクリスマスマーケットは昔からずーっと行ってみたたかった、
今回の旅行のメインでもあるから、とっても楽しみ。

中心のクリスマスマーケットは世界で一番有名なマーケットだけあってとても大きい。
そして、ジュネーブ、パリ、ブリュッセルとみてきたクリスマスマーケットの中で
やっぱり一番クリスマスっぽいマーケット。

DSC01438.JPG

DSC01439.JPG

DSC01441.JPG

DSC01442.JPG

DSC01432.JPG
どれも、これもポンポン買いたくなってしまうけど、日本にもって帰るのも大変だし、
飾るところもそんなにないし、何度かぐるぐる回って吟味。

DSC01427.JPG
途中ホットワイン(グリューワイン)も飲む。
ドイツのホットワインは、マグカップごと買って、飲み終わったら返却すれば
カップ代が戻ってくるという仕組み。

そして、中身もブルーベリーなど果実が入っていてとっても美味しい。
ジュネーブ、パリ、ブリュッセルと飲んだ中でも一番美味しかった。

マーケット内には、ニュルンベルクのクッキーやソーセージも売ってて
食べ歩きもしたかったけど、雨が降ってきてレストランに避難して昼は食べた。

pizzanyurun.jpg
とにかくこっちのレストランの量は大量・・・。
ピザを半分にしてもらっても満腹。

食べ終わるころには雨もやんできて、最後にぐるっと一周マーケットをみて
駅の方にある職人広場へ。

syokuninhiroba.jpg
手工芸品などが売られているお店が集まっていて、ぐるっと見て回った。

その後、ミュンヘンへと向かうためホテルへスーツケースを取りに戻り、
なつさんに予約してもらっていたDBでミュンヘンへ。

二日目のブリュッセル、とりあえず有名な小便小僧をみにいく。

syoubenkozou.jpg
かなり小さいけど・・・。観光客に囲まれている。

別名ジュリアン君の小便小僧は、敵軍が火薬の導火線に火をつけたが、
おしっこをかけて消し、味方を勝利に導いたとされているらしい。

serukurasuzou.jpg
その後、歩いていると偶然あったセルクラースの像。

どの国にも一つあるような、この像の腕に触ると幸福が訪れるといわれている像。

その後、チョコレート屋へ。
ベルギーは、意外に美味しいチョコレート屋さんが多くて、日本にもきている
ゴディバ、ヴィタメール、ノイハウス、ガレー、メリー、ピエールマルコリーニ、レオニダス
などなど、たくさんある。

その中でも、30歳で頂点に上りつめた今話題のパティシエ兼ショコラティエのみせ。
ジャン・フィリップ・ダルシーへ行く。

DSC01401.JPG
日本人店員と日本語が話せる店員がいる。
量り売りでちょっとだけでもお試しに買える。

DSC01405.JPG
そして、美味しいワッフルのお店、Dandoy(ダンドワ)に到着。

DSC01406.JPG
ブリュッセル風ワッフルをチョコレートソース+生クリーム

ワッフルには、ブリュッセル風とリエージュ風の2種類のワッフルがあって、
この店はどちらとも食べられる。

ブリュッセル風・・・生地にわずかな塩味。クリームや砂糖をトッピングして食べる。
リーエージュ風・・・生地に砂糖が練りこまれているのでこのまま食べる。

甘すぎるかと思いきや、全くそんなことはなく、とっても美味しい!
生クリームもたっぷりつけて大丈夫。幸せ。

ここで、スイスから旅行してきたにゃろと別れ、1人ホテルに戻りドイツへ向かう。
ドイツのニュルンベルクまでは、タリスでブリュッセルからケルンまで。
ケルンからDBに乗り換えて、ニュルンベルクへ。

電車は日本からここで予約↓
http://www.thalys.com/fr/fr/(タリス)
http://www.bahn.de/p/view/index.shtml(DB)

どちらも、日本でネットで予約して、バーカードありのプリントアウトした予約の紙を
回ってくる車掌さんにみせればOK。DBは予約したクレジットカードも一緒にみせる。


パリからブリュッセルは、パリのGARE DE NORDからタリスで
ブリュッセルのGARE DE MIDI 駅(南駅)へ。

DSC01303.JPG
真っ赤な電車、タリス

タリスのチケットは、ここから予約できる。
http://www.thalys.com/fr/fr/

車体が赤いのはいいとして、席とかまでピンクな感じだったのは微妙・・・。

ブリュッセルに到着すると、昨日駅近くで検索して予約したホテルへ。
Euro Capital Brussels(ユーロ キャピタル ブリュッセル)

DSC01309.JPG
部屋は広いし綺麗だしバスタブもあってけっこう良いけど、冷蔵庫はない。
ネットもLANケーブルをつないでできるし、朝食も十分美味しい。

ちょっと休んでから観光へ出発。
まずはブリュッセルの中心地にある大広場グランプラスへ。世界遺産。

迷って迷って、歩いて歩いて、途中何人も迷ってる観光客に会いながらやっと到着。

grandpalace.jpg

grandpalacekanban.jpg
どうやら、クリスマスの時期なので音と光のショーをやっているみたい。

grandpalaceao.jpg
音楽に合わせてライトアップが変わる。みんなが広場に集まってみていた。

広場を出るとクリスマスマーケットがやっていて、ホットワインを飲んだり、
ワッフルを食べたりしながら、夕飯のお店へ向かう。

Aux Armes de Bruxelles(オ・ザルム・ド・ブリュッセル)
食い倒れ横丁といわれるイロ・サクレ地区には、さまざまなレストランが連なっていて
そのうちの一つ。

スープ、前菜、メイン、デザート、のコース。

DSC01354.JPG

DSC01355.JPG

DSC01356.JPG


DSC01358.JPG
レストランは、観光客と地元の人と分けているっぽくてこちらとしても気が楽。
ミシュランの星もついてた。

ウェイターさんも気さくで、いろいろ質問したりしたりしてもちゃんと答えてくれるし、
困ったらいつでも呼んでと、気も使ってくれる。

料理も、お腹がいっぱいでムール貝が食べられなかったのだけが残念だけど、
コースの料理はとても美味しかった。


pariskusumi.jpg
・KUSUMI TEA

パリの美味しい紅茶といえば、マリアージュフレール、フォーションなどなど、
有名なのものは日本に入ってきてるけど、唯一日本に入っていなくて美味しい紅茶。
お土産にもぴったり。


parisechire.jpg
・BORDIER(ボルディエ)とEchire(エシレ)のバター

エシレは最近、日本でも丸の内ブリックスクエアにお店ができて、人気だけど、
美味しいし、値段は半額くらいで帰るから良かった。
フランスでは無塩が一般的らしいけど、有塩のほうが美味しいと思う。

ボルディエは、今、フランス一と評判になっている
フランスの多くの三ツ星レストランや一流ホテルで使われているバター。
食べてみた感想は・・・、ちょっと濃い?あんまり美味しく感じない?
旦那&友達の反応もいまいち。

日本のカルピスバターが一番美味しいなんて意見もあったけど・・・
私は、エシレ有塩も一押し。

bonmamanpetitsmuffins.jpg
・Bonne Maman 16 Petits Muffins au Chocolat
ボン・ママンは日本にも少しきているけどフランスにはたくさんの種類の
お菓子があって、試しに買ってみたら、とっても美味しかった。
これ、日本にきてほしいなあ。

以上の品々は、全てボン・マルシェで買える。KUSUMIは、歩いていたら本店があった)

DSC01269.JPG
Le Bon Marche(ボン・マルシェ)
24 rue de Sevres 75007
TEL: 01 44 39 82 80
Sevres-Babylone 10, 12番線 徒歩0分
月、火、水、金 9:30?19:00
木 10:00?21:00
土 9:30?20:00
日曜、祝日



pariskesyou.jpg
・Bioderma, Caudalieなど化粧品系
お試しで、Biodermaのメイク落としとCaudalieのハンドクリームを購入。
Caudalieはブドウの香りがけっこう気に入った。

他にもNuxe,Weleda, Roc,Avene などなど
一見、普通の薬局なんだけど、パリのマツキヨという感じで
基礎化粧品など、安くて有名でいつも混んでいるらしい。


DSC01241.JPG
pharmacie【ファーマシー】
26, rue du Four 75006 Paris
Tel: 01 46 33 20 81
Fax: 01 40 46 94 40
営業時間 月?金 8h30-20h00
土曜日 9h00-20h00 日休

あと、最後に私は買わなかったんだけど、みるだけでとても楽しい雑貨・服・家具など
お洒落で可愛いものがたくさんあった、セレクトショップのMerci(メルシー)。
ここはお勧めかも。


DSC01165.JPGMerci
【住所】111, boulevard Beaumarchais 75003 Paris  
TEL01 42 77 00 33 


・ピレネー地区にあるパリのおいしいビストロ、Le Baratin (ル・バラタン)

DSC01158.JPG

Le Baratin
3, rue Jouye-Rouve
75020 Paris
TEL: 01 43 49 39 70
最寄り駅: Pyrenees / Belleville

ランチコースは、前菜+メイン+デザートで15ユーロの安さ!

DSC01151.JPG

DSC01153.JPG


DSC01154.JPG

DSC01155.JPG

DSC01157.JPG
前菜のなんだかよくわからない野菜とスープは、とっても美味しいし、
メインの魚も柔らかいお肉も、とおおっても美味しい!!

店はとても人気で、混んでいて、でもウェイターのお兄さんは
ちゃんと質問したら親切に教えてくれて感じも良い。

安くて、美味しいフランス料理が食べたいなら、かなりのお勧め。

ただ、デザートのプリンだけは、上のほうが美味しいんだけど、
下の方の生地がいまいち。全部上のほうの生地で作ってほしかった。

最初のフランスでの料理が当たりで、とっても幸せ。


・フランス各地の美味しいお菓子を集めたセレクトショップ
Denise Acabo a l'Etoile d'Or (デニス・アカボー・ア・レトワール・ドール)

DSC01167.JPG

Denise Acabo a l'Etoile d'Or
30, rue Pierre Fontaine 75009 Paris
TEL:  01 48 74 59 55
metro : 2 Blanche

parischokotati.jpg


アンリ ルルー の塩キャラメル
http://www.henri-leroux.com/

リヨンにある有名なショコラティエ BERNACHON(べルナション) のショコラ
http://www.bernachon.com/

メゾン ド ショコラの元パティシエ、ジャック ジェナン 氏が
昨年の12月にマレ地区に独立して出したお店のキャラメル


他、スミレやバラの花びらの砂糖漬け、りんごの飴、お酒の入ったボンボンショコラ
などなど・・・とにかくたくさんの種類の美味しいお菓子が置いてある。

三つ編みがトレードマークの店主、デニス・アカボーさん、
は、すごい元気で、親しげに話しかけてくる。
もう1人、日本人の店員さんがいて、その方にいろいろ詳しく説明してもらいました。

もうとにかく沢山の美味しいものの宝庫。どれも試したかったけど、
そうもいかないので、幾つか購入。
だいたいどれも量り売りしてくれるので、少量からでも購入可。


・パリ2日目の朝食に行った、サンジェルマン界隈にある有名なパン屋Poilane。

DSC01225.JPG


Poilane(ポワラーヌ)
8 rue du Cherche Midi - 75006 Paris
TEL: 01 45 48 42 59
Metro 4番線:Saint-Sulpice 10・12番線:Sevres-Babylone
営業時間 7:15-20:15
定休日 日曜日
HP http://www.poilane.fr/


お店の人に、これとこれ、と注文すると取ってくれてレジへ行く。
近くの公園で食べる。

DSC01230.JPG


DSC01234.JPG

クロワッサンとパンオショコラ。

ふわっふわっの生地にバターたっぷりで美味しい!!
これぞ、パリの美味しいパン。
この美味しさで、2つで2.5ユーロという安さも素晴らしい!

にゃろが買った、袋入りのサブレも美味しい。

ホントはもっと、いろいろ買いたかったんだけど、今日のランチも
美味しいフレンチが待っているので、この辺にする。


・パリで大人気の予約が取れないビストロ、Le Comptoir du Relais

DSC01250.JPG

Le Comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ)

9 Carrefour de l'Odeon 75006
TEL:01 43 29 12 05
metro :Odeon 4,10番線
営業時間:月-金 12:00-18:00(土日-22:00)
ディナー:月-金 20:30(予約のみ)
定休日:無休


2、30分くらい待たされて、ようやくテラス席へ。
座ってからもどんどんお客さんが来る。

にゃろは一回来た事があって
量が多いから、メイン一つだけでも十分だよということ。
どれも気になるけど、前回美味しかったというお勧めの豚のにする。

DSC01247.JPG

DSC01246.JPG

美味しい?、けど、おなかいっぱい。

DSC01245.JPG

何気に、このオレンジジュースがとっても美味しい。

朝・昼と、フランスの美味しいものを食べると、どうしても夜は、
胃が日本食を欲する・・・。
ラーメン、味噌汁、どんぶり・・・。食べたいね、といいながら
日本食レストランを探す。

・見つけたのが、ZEN。

DSC01277.JPG

昔は、パリに来てまでなぜ日本食を・・・と思っていたけど、
今は、パリに来ても日本食は絶対必須!

店員は全て日本人、きめ細やかなサービス!素晴らしい!
しかも、料理もなかなか美味しい。

DSC01280.JPG


DSC01281.JPG

DSC01282.JPG

まあ、値段はちょっと高いけど、パリで、この味が食べられるならとても満足。

重いフランス料理の後だと、不思議と日本食ならいくらでも食べられる気がしてしまう。


・最終日に行って、とても美味しかったパン屋さんBle Sucre【ブレ・シュクル】

DSC01295.JPG


Ble Sucre
7 rue Antoine Vollon 75012 Paris
TEL : 01 43 40 77 73
メトロ : 8番線Ledru-Rollin
営業時間 : 7:00 19:30
定休日 : 日昼、月


DSC01286.JPG


DSC01289.JPG

クロワッサン、今まで食べた中で一番美味しい!
ふんわり、バターたっぷりな感じ。もちろんパンオショコラも同じく最高。

DSC01288.JPG
そしてなにより、バゲットが、本当においしい。これぞパリのバゲット。


買ってすぐ、横のテラスで食べさせてもらってると、
食べている間も、どんどん人がやってきて途切れることなく、人が入っていく。

すごい。

たしかにこんなに美味しいパン屋が近くにあったら、
毎朝買いに来てしまうね。

バゲットは、半分残して持って歩いていたけど、
雨で湿気が多かったせいもあって、味とパリッと加減が半減。。。
残念。

やっぱりパンは、焼きたてすぐ食べるが一番。


チョコレート屋さんも何軒か回って、2粒とか少量で買ったりして食べ歩いていたけど、

一番美味しいと思ったのは、日本にもきているLa Maison du Chocolat

DSC01274.JPG

このエクレアもとっても美味しそうで食べたかったけど、パンやチョコレートの食べすぎで
手が出なかった・・・。今となってはすごい食べたい。

でも、何より美味しかったのはシャンパン入りのトリュフ。
日本の半額くらいかなー。

今日はジュネーブからパリへと移動。
7:17出発で、10:51パリ着。だいたい3時間半、片道1万くらい。
早めに取れば5000円くらいで行ける時期もあるらしい。

スイス在住のにゃろが取ってくれたから、チケットは家まで郵送してもらえてた。
このSBBのページから予約。
http://www.sbb.ch/en/index.htm

たぶんこのSNCFのページからも予約できるはず。
http://www.sncf.com/

DSC01142.JPG
朝ごはんは、ハムチーズサンドとココア

途中、雪が降っているところを抜けたりして、パリのリヨン駅に到着。
まずは、両替しようと両替所に向かう。
なんか、とても臭いし汚い。

両替所では、何とも悔しい2万円が115ユーロにしかならなかった!!
ぼったくりか?すごい手数料を取ってるのか?
なんにしろ、5000円くらい損した!!!

もう二度と両替所では両替すまいと、心に誓う。
街には至る所にATMがあって、VISAのクレジットカードなら、
「PLUS」のマークがあるところならいつでも引き出せる。
マスターカードなら「cirrus」のATM。

リヨン駅から、ホテルのある北駅(GARE DE NORD)へ移動。
パリのメトロの駅は汚い、臭い、だけならぬ、エレベータも、エスカレータもない。
けっこう重いスーツケースを持ってたのに階段しかないから、とても苦労。

DSC01149.JPG

予約したホテルは、「Marciano Hotel Gare du Nord Paris」

北駅のメトロから出ると、ピンクのMの看板がみえてすぐわかる。
パリの次に向かうブリュッセルが、この北駅から出発する列車のため
昨日、Booking.comで北駅から近いホテルを探して予約しておいた。

ホテルに到着すると、カードだと手数料がかかるから現金で前払いせよとのこと。
そんなに現金はないので、しかなくATMで現金を引き出し支払う。
さっきの両替、ホント意味ない・・・。

DSC01283.JPG

部屋はこんな感じ。ベッドの大きさに差がありすぎ。

パリのホテルに安くて良いホテルはないとされているけど、
まあこのホテルもそんな感じ。

バスタブはなくて、シャワーはブースの扉を閉めて利用する方式。
トイレは座ると壁にひざがつくくらいの狭さ。
アメニティは、石鹸くらいしかない。タオルも1人1枚ずつ。
インターネットは、フロントでパスワードを教えてもらえれば使える。
なぜか、パソコンは私のやり方のせいか繋がらず、i-podでネットにつなぐ。

まあ、汚くて臭いパリの悪いところはこんなところにして、

DSC01196.JPG

夜景の綺麗なシャンゼリゼ通り。

DSC01192.JPG

冬の今の時期は、観覧車がきていて、乗ってみることにする。

DSC01190.JPG
観覧車の上からは、左のほうにエッフェル塔、右に凱旋門
そして、凱旋門までのシャンゼリゼ通りがとても綺麗に見える。

パリって美しい!って思えるところ。

観覧車から降りて、遠くに見えていた凱旋門まで歩くことにする。

DSC01199.JPG
シャンゼリゼ通りには、今、クリスマスマーケットがずらりと並んでいて、
途中で、ホットワイン(赤・白・ロゼが選べる!)を飲んだり、ワッフルを食べたり、
凱旋門まで、歩く、歩く、歩く。かなり遠い・・・。

DSC01212.JPG
やっと到着?。

かなり疲れた。
ここに来たのは二度目だけど、やっぱりパリらしくて良いとこ。

ヨーロッパ旅行 スイス首都、ベルン

今日は、スイスの北のほう、バーゼルに住むゆかこと会うため、
スイスの首都、ベルンへお出かけ。

DSC01092.JPG  DSC01093.JPG

朝ごはんは、美味しいパンがないスイスで、まあまあのパン屋といわれる
パン屋で買ったクロワッサンとパンオショコラ。
確かに、まあまあ美味しい。

DSC01108.JPG

途中電車から見える景色。
遠くにレマン湖と山がみえて、湖の水が光に反射したりしてとても綺麗。

2時間半、話をしていたら、あっという間に到着。ゆかこと合流。

ベルンは、ドイツ語圏なので、ここはドイツ語圏に住むゆかこにお任せ。
インフォメーションで行きたい店、レストランなど聞く。

ちなみにスイスは、とてもざっくりだけど、ほとんどドイツ語で、
北のほうがドイツ語、南西がフランス語、南東がイタリア語となっている。

DSC01113.JPG


DSC01115.JPG
ベルンの街並み。

この街は、熊がシンボル。

DSC01116.JPG

で、この写真の熊公園には、本当は熊がいるはずだったんだけど、
数日前に新聞の一面をにぎわせた事件があって、残念ながら見れず。

「11月21日、スイスの首都ベルンの熊公園で精神障害の男性(25)がフェンスを越えて入り込み、フィンと言う名の熊に襲われた。熊は警官に胸を撃たれ、男性は救われたが、頭部と足を負傷し病院で手当を受けている。尚、熊も快方に向かっている。」

ゆかこによると、この熊が可愛そうだと蜂蜜などを市民が送っている、
というニュースがここ数日の新聞記事で続いているらしい。

お昼はゆかこが、みつけてくれた美味しいと噂のレストラン。
「ALTES TRAMDEPOT」

DSC01121.JPG

まずは、それぞれ違う地方のワインで乾杯。

DSC01124.JPG
そして、いろんな肉の盛り合わせ?。


DSC01129.JPG
たらふく食べた後は、コーヒーやココアを飲んで、のんびり話す。

ベルンは、特に見るものもないので(アインシュタインハウスは有料であきらめた)
ちょっとぶらぶらクリスマスマーケットをのぞいたり、お店をのぞいたりして、帰る。


ヨーロッパ旅行 ジュネーブ


時差ぼけのせいか、3時、6時と目覚め9時に起床。

本日にゃろは、11時から15時までお仕事なので、その間1人でジュネーブ散歩。
レマン湖まで送ってもらい、まずはレマン湖。

DSC01043.JPG
こんな白鳥がいっぱい悠々と泳いでいる。

DSC01046.JPG
思っていたほど寒くない。ロングのダウンでマフラーも手袋もなしで歩く。
夏だったら、本当に気持ちがよいだろうな?とのんびりレマン湖の周りを歩く。
遠くに山が見える。

DSC01047.JPG
その後、日本でいう伊勢丹のようなデパート、MANOR(マノー)へ。

お菓子道具が楽しい。
特にクッキーの型!クリスマスツリーとかトナカイとか、可愛いのがいっぱいある。
ヨーロッパ人のクリスマスにかける意欲はすごくて、どの家でもクッキーを焼く感じ。
今のこのクリスマスシーズンは、クッキーコーナーがとても充実。

本屋では日本の漫画がたくさんあって、ゲームもみたことのあるゲームがちらほら。
プレステ、PSPの新しいの、Wiiとかも勢揃い。

昼は、にゃろお勧めのデパート一番上のレストランで食事しようと思ったら、すごい人。
座れないので、再びレマン湖に心を癒されに行き、1時間後に再度挑戦。

それでも、中では座れないので、外のテラスにて。

DSC01048.JPG
ここは、好きなもの取って最後にお会計というシステムのレストランで、
簡単で美味しそうと目に付いたものを取ったら、こんな組み合わせに・・・。
寒い外で食べるなら、あったかいものにすればよかった。。。
まあ、1人だとなにかと相談もできないし、こんなものよね。
ちなみにすごい量で2000円くらい。半分くらい残してしまった。

その後、高級デパート、GLOBUS(グロービュス)へ。

DSC01051.JPG
なんと、生活雑貨のコーナーで日本でお気に入りのガラス、スガハラが!!
ちょっと感動。
他にも、ここは世界各国のお洒落な雑貨などがけっこう置いてあった。

その後は、バスティオン公園へ。

DSC01058.JPG
ここで、面白いのは地面に大きなチェス盤と駒が置いてあって、
地元のおじさんたちがゲームしている。

あと、小さい子用にはアイススケートリンクなんかもあって、やりたくなった。

そろそろ、やることもなくなったし、にゃろの仕事場、寿司カフェへ行こうと向かうが、
肝心なところの道名がなく迷う、迷う。

DSC01068.JPG
なんとか見つけたMIKADO。
寿司屋といっても、お洒落なとっても綺麗なお店。
日本食材も売ってて、寿司は、レジの奥で作ったものが、コンビニの棚のようなところに
並べてあり、そのパックを持ってカウンターでお会計し、机で食べる仕組み。

にゃろを呼んでもらい、にゃろと合流。ジュネーブを案内してもらう。

やっぱり、1人で歩くのと、住んでいるにゃろの情報あっての散歩では、
ずいぶん違って、面白い。

DSC01069.JPG
まずは、チーズ、肉などそれぞれ専門に売っているお店が集まってるところ。

DSC01074.JPG
そして、これは豚の舌。隣には鼻もありました・・・。
こういうのって日本ではなかなか見ない。

DSC01079.JPG  DSC01078.JPG
ジュネーブの表参道をちょっと歩いて、いると美味しそうなクレープ屋が。
そして、あったかい赤ワイン。(Vin Chaud ヴァンショー)

DSC01083.JPG   DSC01084.JPG
さらに、この時期は栗屋さんが出てて、みんなが並んでいる。
グラム単位で購入。甘くはないんだけど、素朴な味でつい次に手が伸びてしまう。
なんとも素朴な美味しさ。

夜はにゃろのスペシャルスイス料理?☆

DSC01085.JPG
こっちではジャガイモがとっても美味しい、サラダー。

DSC01086.JPG
スイスのチーズたち。

DSC01087.JPG
編み編みのスイスのパン

DSC01088.JPG  DSC01091.JPG
そして、スイスワインとりんごジュース。
あまり知られていないけど、スイスのワインはワイン通にも美味しいとの評判とのこと。
ただ、生産量が多くないから、国外に輸出していないくて知られていないだけらしい。
とっても貴重なワイン。

そして、さらに貴重な右のジュースは、りんごジュース!
これが、まさにりんご!って感じの、りんごそのままの味でとっても美味しい!

持って帰りたいたいとこだけど、すぐに色が変わってしまって、次の日にはすごい色に。
今のこの時期にしか飲めない貴重なりんごジュース。

東京では、何でもいつでも手に入るけど、スイスではこういう期間限定品が多い。
秋には、3週間しか売りに出されないという、
かなりのレアな、ぶどうジュースがあるらしい。
ワインを作る過程で出来るもので、微炭酸。いつか飲んでみたい。



いつもどおり、グランパレスからリムジンバスで出発。

チェックインすると、荷物が20kg制限のところ、8kg重量オーバー。
手荷物リュックに6kgつめて、22kgで許してもらう。
結局乗る飛行機は一緒なのに、ひどい話だ。

11:05成田発 15:50チューリッヒ着 
16:10チューリッヒ発 16:50ジュネーブ着

swissair.jpg
スイスエアーの機内食は、機内食にしては、なかなかおいしい。
途中出てきたアイスはまずかったけど。
おやつに、最後の日本食、おにぎりが食べられたのはちょっと嬉しい。
ちなみにこのおやつは、バナナかおにぎり、どちらかを選択。

映画を3本みて、ほとんど眠れず、頭痛の中、チューリッヒへ。
乗り換えは、特に問題なく、ジュネーブに着く。
上空からみたスイスは雪だったけど、ジュネーブは雨。

空港まで、ジュネーブ在住のにゃろにお迎えにきてもらい、
電車でたった二駅、10分ほどですぐジュネーブの中央駅であるコルナバン駅へ着く。
そこからトラムでにゃろ家へ。

なんとも申し訳ないことに、今日はにゃろ旦那様、マメさんのお誕生日。

mamesan.jpg

二人の誕生日にお邪魔させていただく。

sushi.jpg
メニューは、豪華な寿司ディナー。
もちろん日本の方が米とか、美味しいんだけど、サーモンは、とっても美味しい!
ちなみにこの寿司は、にゃろが今働いている寿司屋さんのものでスペシャル。

gateaumamesan.jpg

食後は、ケーキ☆

スイスにはなぜか小麦粉が売っていないらしい。
そんなこともあり、物価は高いが、美味しいケーキがないスイスの中では、
まあ美味しいといわれているらしいケーキ屋さんのケーキ。

ロウソクは花火のようにパチパチとあっというまに散り、頂く。

何時間寝ていないのか、もはやよくわからんし、
今日1日で何回食事したかもよくわからんが、とにかく眠い。早めに就寝。

1) : ?> 1) echo ' | '; if($i == $paginate_current_page) { echo sprintf(" %d ", $i); } else { echo " %d ', $i) . ''; } } ?>

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ