タイ旅行 2日目 水上マーケット、象、観光、マッサージなど


6:00起床。

DSC05216.JPG
朝食ブッフェ。
チャーハンとか、なかなか美味しい。フルーツもたくさんあって嬉しい。


出かける準備をしてホテルを出ようとすると、「どこに行くの?」とボーイさん?に聞かれ、
「水上マーケット」というと、一人のおじいちゃん(タクシー運転手)を紹介される。
一番大きいダムノン・サドゥアク水上マーケットに1人500バーツで、いってくれるという。

自分たちで、船とバスとか乗り継いで行こうと思っていたんだけど、
水上マーケットのツアーを頼むと1人1600バーツくらいだから、安いし良いか、と
なんとなく、頼んでしまった。
けど、このTAXIの運転手のおじいちゃんとの出会いは、
タイの旅行を素晴らしい旅行にしてくれた、とても幸せな出会いだった。

ここで、おじいちゃんに会えたのは今思い返しても、とてもラッキーで、
是非またバンコクにきたら、このおじいちゃんに頼みたいと思う。

TAXIでは、音楽を携帯できいたりしながら、バンコクのポストカードみせてもらったりして、
1時間ちょっとくらいで到着。

DSC05221.JPG

途中、パタヤの塩だよと運転してるおじいちゃんが教えてくれる。

DSC05362.JPG

帰りに友達二人は安いからと買っていた。

水上マーケットに着くと、ココナッツジュースを飲ませてもらえるが、あまり好きではない。
マーケットのコースを説明され、1人700バーツを払って船で出発。

船は、意外にもスピードがあって早い。

DSC05250.JPG

森?ジャングル?のような中を走って、とても気持ちがいい。
普通に生活している民家とかあって、洗濯ものが干してあったりする。
その中には、金持ちの別荘っぽい、綺麗でちゃんとした家もちらほらある。

DSC05283.JPG

フルーツやお昼に食べるような食べ物、、お土産になりそうな雑貨、などなど
水上で小船が並んでいる。

DSC05261.JPG

途中ココナッツファームでココナッツを煮詰めて作っているところを見学。
そこで食べたナッツキャンディーが美味しかったので買ってきた。
55バーツと安かったから、今思えばもっと買えばよかった。
雑貨なども売ってる。

だいたい、何軒か同じようなお店があって、欲しいものがあったら、
船を横に付けてもらって、お店の人と話しをする。

ここでは、パイナップルとクレープみたいなのものを買って食べながら回った。
だいたい20バーツぐらいで食べられる。

DSC05293.JPG

果物は、どれも美味しいし、このクレープみたいなのは、
甘いクリームによく分からない野菜?が入ってて、まあ美味しかった。

水上マーケットは、とても楽しかった。

その後、バンコクに帰るかと思いきや、
おじいちゃんが、象のいるところに連れて行ってくれるというので、
「みるだけ」と言う言葉に誘われ、行ってみることに。

DSC05314.JPG

アユタヤで象に乗ろうと言ってたんだけど、ここでは、川を象に乗って渡れる。

DSC05348.JPG

ってことで、乗ることに。1人600バーツ。相場はわからん。
象にあげるバナナも100バーツで買って出発。

象の上はかなり、高い。そしてかなり揺れる。乗り心地は決してよくはない。
座るところがあるんだけど、象の上にそのまま乗っても良いというから乗ってみた。

DSC05325.JPG

バナナを欲しくなった象が鼻をこっちにあげてくる。
そこにバナナを渡してあげるのが楽しい。

乗った後に、象の食べ物代になるからと、途中横から撮られた写真を
200バーツで売ってくる。
全然画質よくないし、その象のため的な売り方があまり好きじゃなかったけど、
横から取られた写真欲しいし、まあ記念にもなるし、買ってしまった。

そこから、バンコクに戻る

途中、トイレに行きたくなって、おじいちゃんに、ガソリンスタンドでよってもらった。
水桶で流す、旧式のトイレだったけど、救われた。
団体ツアーだと、こうも自由に停まってもらえないだろう。
そこで売ってた、魚のつくねみたいな甘辛ソースは美味しかったし。

バンコクに戻ると、チャイナタウンの美味しい店に連れて行ってもらう。
「THE CANTON HOUSE」

DSC05363.JPG


DSC05364.JPG


DSC05366.JPG

おじいちゃんが適当にいろいろ頼んでくれて、一緒に食べる。

チャーハン、空芯菜、トムヤンクン、さつまあげ風、水餃子、シュウマイなどなど。

後からガイドブックをみたら、どれもタイのオススメ料理でさすがのおじいちゃん。

でっかいチャーハンは驚いたし、トムヤンクンが、辛くなくてとっても美味くて嬉しかった。
トムヤンクンの美味しさはこの旅行1の美味しさだったし、他のものも美味しかったー。

4人で800バーツちょっとと、めっちゃ安く美味しい料理が食べられて幸せ。
若い店員が多いけど、笑顔だし、お茶のおかわりも頻繁にくるし感じいい。
さすがおじいちゃん。全然食べないのに、割り勘で200バーツ払ってくれた。

その後、両替にも連れていってもらう。
ここでも、0.3615と一番良いレート。
チャイナタウンの中の旅行代理店みたいな2階にある銀行だった。

そして、バンコクの寺院巡りへも連れていってくれるとのこと。


DSC05378.JPG


DSC05388.JPG

DSC05404.JPG


DSC05433.JPG

ワットポー(めっちゃ大きい仏像)とか
ワット・アルン(めっちゃ急な階段)

などなど「ワットなんとか」という寺、仏像たちをめぐる。

途中使った船の移動の時に、おじいちゃんがお金払ってくれちゃって
払うっていったのに受け取ってくれない。

寺系は、肌が見えすぎてるとスカーフみたいなのを巻かないといけないし
クーラーのきいてるとこは、めっちゃ寒いし(地下鉄とかデパートとか)
タイには1枚スカーフを持ち歩くといいかも。と思った。

タイの観光をかなり満喫し、最後に友達と待ち合わせた
サイアムのデパートまで送ってもらう。

これだけ回ってくれて、500バーツだし、とっても良いおじいちゃんだったので
明日もお願いすることにして、待ち合わせ時間を決めて別れた。


友達とは、サイアムの「サイアム・パラゴン」のスタバで無事に会い、
まず「マンゴータンゴ」にて、お茶することに。

DSC05454.JPG

プリン、アイス、生マンゴーのセットが100バーツでオススメ。

DSC05456.JPG

飲み物はマンゴーラッシーとマンゴースムージーを飲んで、これまた美味しい。

今までで食べたマンゴーの中で一番美味しいと思った。
生マンゴーが特に、最高。

DSC05451.JPG

照明がマンゴーの形になってたりとお店も可愛いお店だった。


続いて、マッサージに行こうと、スクンビット駅までBTS(スカイ・トレイン)。

DSC05459.JPG

ちょうど切符を買ってると18:00ぴったりになる。
そしたら、国家が流れ出して、駅員さんもみんな、接客中でもやめて、
立ち上がって直立不動。おおっ。これが毎日あるらしい。

足マッサージは、1時間250バーツ。800円しない。
なんて、安いんだろう。

静かな中、ゆったりとした気分でやってもらい気持ちー。幸せ。
帰るときは、自分がやってもらった人にチップをあげないといけない決まり。
お店からもらう給料が少ないから、あげないとダメとのこと。
しらなくても、ちゃんと出口でもらうために待ってる。チップは20バーツ。

そっから、ネイルへ。
残念ながら、カルジェルは1人の人しかできないから今日は無理とのことで
普通のネイルをする。

DSC05464.JPG

足と手、手はすべての指にデザイン書いてもらって、1000バーツ。
甘皮処理とかもちゃんとしてもらえるし、なんて安いんだろう。
デザインもたくさんの中から選べるし可愛い。上手にやってもらったし。
お店の若い可愛い女の子たちも仲良ささそうで、楽しそうで、感じ良かった。

ただ、時間がすごくかかちゃって、
タイスキを食べたかったけど、もう閉まっちゃってたので、韓国料理へ。

DSC05469.JPG


DSC05468.JPG

チヂミ、トッポギ、らーめん、餃子、のりまきなどなど、
1人200バーツくらい。

そして、メトロで27バーツで帰る。

今日は、ホント満喫した、充実した楽しい1日だった。
ホテルの入口でおじいちゃんに会えて本当に良かったし、
友達がいる間にタイにこれて良かった。

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ