2010年9月アーカイブ

The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
5) $paginate_current_page = 5; $paginate_sections = array( 0 , 5, 10, 15, 20, 24); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 24; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>

神保町ランチ「讃岐うどん 野らぼ」


お昼にはけっこう並んでたりと人気っぽいうどん屋に行ってみた。「野らぼ」
少しだけ待ったけど、回転が良いので、すぐ入れる。

nikuudon.jpg
釜肉ぶっかけうどん

ボリュームがすごい。
味は、まあ美味しいけど、普通かなあ。


住所:〒101-8672
東京都千代田区神田神保町2-12-3
安富ビル1F
TEL: 03-3221-5070


今日は雨だから、近くのパスタ屋に入ってみた。
チェーン店のようで、味は普通。

やっぱり普通が多いなあ。


〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-2
TEL:03-3511-8886

赤朽葉家の伝説 / 桜庭一樹

「山の民」に置き去られた赤ん坊。
この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に
望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。

かなり、製鉄天使とかぶっているところが多い。
あまり面白くない。


神保町の裏路地をぶらぶら歩いていてみつけたカフェっぽいお店。「UN QUATRE」。

watakosu.jpg
和タコライス

一品ランチだけでなくて、10品くらいの中から、2品もしくは3品を選ぶデリランチもあって
田園調布で行った、カフェを思い出す。

女性が好きそうな感じで、女性に人気だし、1人の人も多くて入りやすい。
味もカフェっぽいし、他のメニューも試したくなる感じ。

今度はデリを試してみたい。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-4 comfort-k 1・2F
TEL: 03-3518-4581

神保町ランチ「和伊麺屋 スパ蔵」


九段下の方に歩いていって、他に良い店がなくて入ってみたパスタ屋さん。

ツナときのことさっぱり大葉、大根おろしの和風パスタを食べる。

美味しいけどいつも通り、普通。
なかなか当たりのパスタは少ないなあ。

3連休で草津


今回はのんびり旅行だったから、外食も少なかった。

唯一外食したそば屋、「風来坊」

gomadouhu.jpg
ごま豆腐

huraibousoba.jpg
そば

huraiboutenpura.jpg
てんぷら

天ぷらのお野菜がとっても美味しかったし、そばも普通に美味しい。
お店ものんびりくつろげる感じ。


唯一観光した、お湯が流れる川「西の河原公園」

sainokawara.jpg

sainokawaraoni.jpg

歩いて、「湯畑」までいけて、散歩もしてきた。


最終日は、軽井沢経由で、アウトレットと、
前回「星のや」に行ったときにできてなかった「ハルニレテラス」へと行ってきた。

雑貨屋さん、カフェ、レストランと集まっていて楽しめるけど、
レストランは、価格が高めであまり美味そうな感じがしないからパンを買って食べた。

帰りは大渋滞・・・。


神保町の路地裏を歩いていて見つけたかわいいカフェ。カフェフルーク

cafeflug.jpg
お店の入り口

cafefluglunchi.jpg
目玉焼きのせ甘辛そぼろごはんのサラダランチプレート

女の人しかいない、かわいらしいカフェで常連さんも多いみたい。
ランチの味も、美味しかった。

雰囲気もいいし、なかなか良いお店を発見して嬉しい。


カフェ フルーク
〒101-0051 千代田区神田神保町1-18-5 1F
TEL:03-3295-1117

讃岐DINING「飯田橋」


土日は休みで、平日の夜も貸し切りやら休みやらで何度も振られた讃岐DINING
ようやく入れた。

この日は、お酒と一緒に食べ物とうどんを頼む日らしく、
(要はうどんだけ食べるのはだめらしい)おつまみと何品かを頼んだ。

DSC07244.JPG
きんぴらごぼうチップス

DSC07245.JPG
九条葱のだしまき卵

DSC07246.JPG
唐揚げ

そして、念願のうどん。

DSC07247.JPG
特製カレーうどん

DSC07248.JPG
ゆずおろしぶっかけ

おつまみも、全部それぞれとても美味しいし、
もともと、うどんで評価が高かったので、きたかったから期待はしていたけど
うどんは期待以上。本当に美味しい。

一番美味しかったのは、カレーうどん。
とてもクリーミーで甘くて、深い味のカレーは、うどんじゃなくてそのままでもいける感じ。
国産牛100%の旨味が凝縮している味らしい。
ぶっかけの方は、麺にこしがあってとても美味しい。

揚げ物もさくっとしていて、美味しい。

これは、人気店なわけだ。
お値段もお安いし、美味しいし、近所だからふらっときたいのに、
土日休みってことが、とても残念。

猫を抱いて象と泳ぐ / 小川 洋子


伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、
せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説。

唇の上下がくっつき開かない状態で生まれた少年が、バスに住んでいたマスターから
チェスを教えてもらい、チェス盤の下で、チェスをするようになって・・・。

小川さんらしい、とても静かな、そして少し寂しい感じの話。

VOCO(ボコ)凹 「三軒茶屋」


三軒茶屋でご飯をすることになって、おすすめのお店に行くと、満席だった。
その付近にあった、美味しそうなお店も満席。

そしてやっと入れた、ダイニングバーVOCO
デコ凸って姉妹店が渋谷にもあるらしい。ネーミングが面白い。

釜焼きワンコインピザ(500円)がうりみたいだけど、他の料理も安くて美味しかった。

季節野菜のラタトゥイユ
サーモンとアボカドのブリュスケッタ
マルゲリータピザ
下町スペシャルピザ
季豚ロースのポークジンジャー

ドリンク2杯、3人で6000円ほど。

バーの作りだから、椅子が高くて足の置き場がなくて、
ゆったりくつろげるって感じではないけど、近所にあったら、通ってしまいそうな店。
けっこう他にも美味しそうなお店がいっぱいあって、住んだら楽しそう。


本日のイタリアンはけっこう良い店だった。

DSC07242.JPG
グラスのサラダ

DSC07243.JPG
魚のラグーソースとパン粉のパスタ

こじんまりとしたお店だけど、綺麗でちょっとおしゃれな感じ。
店に入ると、「こんにちはー」と、「いらっしゃいませ」、でないところもちょっと気に入った。

パスタも、そこいらへんのパスタよりしっかり作っている味で、美味しいし、
なによりフォッカチオが、かりっとふわっとしていてとても美味しかった。
カウンターで一人女性客もほかにいて入りやすいし、他のパスタも食べてみたいから
いつかまたきたい。

イル カバロ ビアンコ
東京都千代田区猿楽町1-2-4
03-3294-9366


九段下から神保町へ向かう途中にあって、前からちょっと気になっていたお店、
ボンビブール

bonbiveur.jpg

DSC07241.JPG
赤いカルボナーラ
パプリカとトマトで赤いから辛くはない。
普通においしいけど、普通という感じ。

入り口付近に座ったせいか、暑くて、暑くて、汗が出てきて
食べ終わった後とても休んでいられなかった。

南欧料理だから、パスタじゃなくてパエリヤとか食べればよかったのか。
まあうちからも近いから、機会があればいくかも。

ボンビブール 海
東京都千代田区神田神保町3-2
03-3230-1952

Meli?Melo(メリメロ )「飯田橋」


前にも一度行ったことがあるけど、記憶にあまり残っていなかったメリメロにランチで。
有機野菜やオーガニックミートを使用した、からだにやさしい料理と無添加自然派ワイン
が売りらしい。


DSC07237.JPG


DSC07240.JPG


DSC07236.JPG


ビストロっぽいお店の雰囲気は良いんだけど、料理の味が・・・。
キッシュだかなんだかよくわからないものは味が薄いし、お魚に関しても薄い。
薄いというか、味がしないというか、あまり美味しくはなかった。


今日のお菓子教室研究科のメニューは、
カラカス風バナナムースとヴァイセ ショコラーデントルテ。
要は、ホワイトチョコレートケーキとバナナチョコムース

bananamousse.jpg
カラカス風バナナムース

whitechoco.jpg
ヴァイセ ショコラーデントルテ

カラカスとは、南米のベネゼーラの首都だけど、そこ発祥のものでもなんでもない。
バナナとか南米を連想させるから、そういう名前がついているらしい。

ムースは私の好きなバナナ+チョコという最高の組み合わせでとっても美味しい。
チョコレートは、ホワイトチョコは結構苦手なんだけど、けっこう美味しかった。

死の壁 / 養老 孟司


ガンやSARSで騒ぐことはない。そもそも人間の死亡率は100%なのだから――。
誰もが必ず通る道でありながら、目をそむけてしまう「死」の問題。
死の恐怖といかに向きあうべきか。なぜ人を殺してはいけないのか。
生と死の境目はどこにあるのか。イラク戦争と学園紛争の関連性とは。
死にまつわるさまざまなテーマを通じて現代人が生きていくうえでの知恵を考える。

バカの壁よりは「死」をテーマに絞っていることもあって、まだまとまっていたけど、
やっぱり、読んでためになることはあまりなかった。
死についての考え方がちょっと変わったところはある。

神保町ランチ「エスペランザ」


今日の神保町ランチは会社からすぐのところにあった地下のお店、
たぶん「エスペランザ」。食べログやHPにもない。

地下を降りて入ると、スーツ姿のサラリーマンのおじさんでいっぱい。
しまった、女性が一人で来る店じゃなかったか、と思いつつ、入ってみると
かなり広くて、女性の一人客も何人かはいて一安心。

DSC07231.JPG
ツナとカボチャのクリームパスタ

おじさんに人気なお店っぽく、すごいボリュームで800円。
味は、意外にもけっこう美味しい。
完食したけど、がっつり食べたい時以外は厳しいな。

神保町ランチ「ohana(オハナ)」


9月から神保町で働くことになったので、この辺のランチを開拓しようかと思う。
ラーメンやカレー屋さん、サラリーマン向けのがっつり系が多いっぽいけど、
良い店がみつかると良いな?。

本日の、神保町ランチは、雑貨屋さん兼カフェみたいな感じのガレット屋さんohana。

DSC07230.JPG
雑貨屋さんだから、かわいい感じのお店。

ohana.JPG
ハムチーズのガレット

雑貨っぽいかわいい雰囲気はいいんだけど、残念ながらガレットはいまいち。
生地も中身のハムも安物っぽい感じで、美味しくはない。
ただ、女子一人客でも入りやすいし、食べた後のんびり本を読んでいても
お客さんがそんなにこない感じで、まったりはできる。


ohana?オハナ?
千代田区神田神保町2-2
03-3261-6840


あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、
お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。
そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。
嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。
だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日・・・。

「幼児虐待の被害者の子供はある種の”ストックホルム症候群”(人質が犯人への同情・忠誠を抱く)で親を慕う。自分を責める。」

子供のもつ砂糖菓子の弾丸では、実弾でなければ戦えない、
悲しい、少女の成長も描いた、青春小説。

BLOOD THE LAST VAMPIRE [Blu-ray] をみた


人間社会に身を潜めた吸血鬼に挑む少女“小夜”の死闘を描いたアクション・モダンホラー。
38分という短いアニメだけど、なかなか面白かった。

UK版でみたから、半分くらい英語で謎だったけど、
日本語でみても、謎はあったらしい。シリーズで他にも作品があるみたい。

ニコール・キッドマン、ショーン・ペンの2大アカデミー賞俳優が、
愛情と疑惑の間で翻弄される男女を熱演したポリティカル・サスペンス!

国連通訳として働くシルヴィア。ある夜、通訳ブースに立ち寄った彼女が聴いたのは、
彼女にしかわからない「クー語」だった。「大統領は生きてこの国を出られない。」
正体不明の暗殺者に追われる身となったシルヴィア。
シークレット・サービスのケラーは、直ちに監視体制を敷き彼女の身辺警護を開始する。
だが、集まった情報は驚愕すべきものだった・・・


ニコール・キッドマンが最後の最後まで何か秘密を抱えてそうな演技がうまい。
本物の国連内部で撮影が許可された珍しい作品でもあるらしい。
サスペンスとしてもなかなか楽しめる。


今日のお菓子教室専科の先生はパティスリー・ドゥ・シェフ・フジウの藤生シェフ。

minakofujiu.jpg

fujiu2.jpg
洋なしキャラメルのケーキとカシスタルト

シンプルなお菓子だけど、味はとっても美味しい。
シンプルに見えるけど、中身はけっこう揃えるのが大変そうな材料も入っていて、
自分で作るのは大変だなあ。

パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ

■パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ
住所:〒191-0031
東京都日野市高幡17-8
TEL:042-591-0121
FAX:042-594-3332
営業時間: 8:00 ? 20:00
定休日:無休

銀色の髪のアギト [Blu-ray] をみた


今からおよそ数百年後の未来。
文明が崩壊した世界は、意志を持った植物達が支配する森と、荒地に分断されていた。
森に隣接する『中立都市』に暮らす少年・アギトは、長い間眠りについていたトゥーラと会う。
過去の世界の人間だった彼女の目覚めをきっかけに、バランスを保っていた世界は
その均衡を崩していく…。

ナウシカとラピュタを彷彿させる場面がちらほら、全体的にもとても影響を受けていると思う。
だけれども、ストーリー、展開などで、見ていて退屈になってくる感じで、
宮崎アニメはやっぱりすごいんだなあと、思った。
面白そうな感じがすごくするのに、実際は残念という、惜しい感じ。

実際にアメリカであった話。
工場でのウイルス発生から、世界各国の企業との価格協定の内部告発、
不正行為と主人公マット・デイモンの口から出てくる言葉から、どんどん大きくなる事件。

ボーンシリーズ以来、マット・デイモンのファンだけれども、
この映画では全く違う印象のマット。
悪気なくペラペラと嘘をついて、ちょっと頭がおかしいのか?と思ってしまう演技。
アクション映画から恋愛映画、コメディまで幅広い演技はすごいとは思うけど、
もっとコメディっぽい感じの映画かと思えば、淡々と進んで良く感じでものすごく物足りない。
この映画は好きじゃないなー。

HOLIDAY(ホリデイ)Blu-rayをみた

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、そしてジャック・ブラックを
起用した大ヒットラブ・ストーリー。
ロサンゼルスで映画の予告編制作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、
彼を家から追い出した。
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に婚約発表をされて失意のどん底に。
傷心の2人はインターネットの”ホーム・エクスチェンジ”というサイトに出会い、
お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。

恋愛系の映画ってあまり見ないんだけど、なんかこの歳になったからか
見てみようという気になり見てみた。そしたら、予想以上に良かった。

ホームエクスチェンジという、アメリカとイギリスの自分の家を交換するというシステムが、
まず面白い。英語圏だからこそ、簡単にできるっていうのも羨ましい。
二股をかけられてるのに、彼のことが忘れなれなくて良いように扱われちゃう
ケイト・ウィンスレットにイライラしたり、
ちょっと歳をとったなあと思うキャメロン・ディアスがやっぱり綺麗だったりと、
見ていて楽しいし、最後に二人とも幸せな相手と結ばれるところが、幸せな気持ちになれて
なかなか良い映画だった。

1) : ?> 1) echo ' | '; if($i == $paginate_current_page) { echo sprintf(" %d ", $i); } else { echo " %d ', $i) . ''; } } ?>

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ