オニロック / 中村航 (著),宮尾和孝 (イラスト)

鬼ヶ島からやってきた大木隼人くんは思いました――
僕にはまだ、何が格好いいのか、わかりません。何が優しくて、何が恋しくて、何が強いのか、 自分がトーキョーで何をしたいのか、それも全然わかりません。
だけど僕はわかりたい。わかるには、今までと同じじゃだめなんです。
イラスト・ストーリー。

読みものとしてではなく、いつもの優しい雰囲気が味わいたいなら、みる感じ。

「一番簡単で、一番難しいこと。伝えたいことを、伝えようとすること。感じたいと願うこと。優しい気持ちを何かに向けて、鬼の魂を忘れないこと。君と仲良くなりたいこと。」

月別 アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

ウェブページ