Random Images of Tahiti >>
Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 01 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 02 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - can see the rain 雨が見える Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 01 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 02 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 01 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家
Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 01 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Manihi Pearl Resort lagoon with sharksucker コバンザメに追いかけられる Manihi Pearl Resort lagoon with sharksucker コバンザメに追いかけられる Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 02 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - Manihi Midnight airport ミッドナイトエアポート Tahiti - Manihi - sunset 夕焼けを見に
Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 02 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - manihi morning calm 凪 Tahiti - manihi morning calm 凪 Tahiti - Manihi diving La Faille Tahiti - Manihi Pearl Resort house on the sea 01 マニヒ 海の上に浮かぶ白い家 Tahiti - The InterContinental Bora Bora Resort and Thalasso Spa インターコンチ


tahiti_-_manihi_morning_calm Tahiti - manihi morning calm (2008年1月11日) twitterでこの記事をつぶやく

理屈ではわかる。
陸と海の温度差によって出来る風が
朝晩でその温度差が逆転する瞬間、
風が無くなる。それが凪だ。

Manihiの海岸は非常に強い風が常に吹いていた。
方向は定かでない。

恐らく珊瑚礁が堆積して出来た帯状の島の
内側と外側で、海の温度が違うために起こっている
風ではないかと思う。
陸風が起こるほど陸地が無いからだ。

マニヒを出発する時、
初めて早起きをした。時間は8時頃だったと思う。
風が完全に止んでいた。

manihi pearl resort


海は本当に今まで見たことのない様子を示していた。
時折魚が起こす波紋を除けば、水面は異常にのっぺりしている。

波が無いために、非常に透明度が高く
魚が何をしているか完全に見える。

3 fishes

遠くを見ると、朝日が海面に全反射して
これまで見えていた
エメラルドグリーンからブルーに変わっていく
海の色が見えない。

海に浮かぶ家はその影を海面に落としている。
鏡面のようだ。

house on the sea

house on the sea

感激して眺めていると、やがて海側から風が吹いてきて
普段通りの海になった。

続きを読む

2008年1月11日 23:59 Cat: Tahiti , travell


title Tahiti - manihi morning calm (2008年1月11日)

理屈ではわかる。
陸と海の温度差によって出来る風が
朝晩でその温度差が逆転する瞬間、
風が無くなる。それが凪だ。

Manihiの海岸は非常に強い風が常に吹いていた。
方向は定かでない。

恐らく珊瑚礁が堆積して出来た帯状の島の
内側と外側で、海の温度が違うために起こっている
風ではないかと思う。
陸風が起こるほど陸地が無いからだ。

マニヒを出発する時、
初めて早起きをした。時間は8時頃だったと思う。
風が完全に止んでいた。

manihi pearl resort


海は本当に今まで見たことのない様子を示していた。
時折魚が起こす波紋を除けば、水面は異常にのっぺりしている。

波が無いために、非常に透明度が高く
魚が何をしているか完全に見える。

3 fishes

遠くを見ると、朝日が海面に全反射して
これまで見えていた
エメラルドグリーンからブルーに変わっていく
海の色が見えない。

海に浮かぶ家はその影を海面に落としている。
鏡面のようだ。

house on the sea

house on the sea

感激して眺めていると、やがて海側から風が吹いてきて
普段通りの海になった。

続きを読む 
2008年1月11日 23:59

title Tahiti - dogs (2008年1月 9日)

タヒチにいて
最も環境が違うな、と感じたのは犬だ。

そうか、
人間と犬は
昔はこういう関係だったんだろうな
と思った。

マニヒ島では首輪のある犬はいない。
彼らは大抵日陰で勝手に昼寝している。

自転車で人気のない真っ昼間の海岸に行くと、
海で遊んでいる犬が数匹いる。
もちろん飼い主の姿は無い。
ただ自分で海に入りたくて海にいるのだ。

dog in the shore

しばらくすると彼らは家に帰る。

この姿を見て
東京にいる犬たちはなんて過保護で
依存しているんだろうと思った。

果たして東京の犬は
ここで飼い主から自由に行動しろと言われたら
どう行動するんだろう。

カルチャーショックという意味では
彼らの姿が一番カルチャーショックだった。

続きを読む 
2008年1月 9日 00:49

title Tahiti - Manihi Midnight airport (2008年1月 8日)

1/4。

空港には何もない。滑走路はひんやりとしている。
数メートルおきに描かれたラインが滑走路の中央を示しており
闇を照らすライトはそのライン2本分までしか届かない。

manihi midnight airport

滑走路に寝ころび、空を見上げると半球が見える。
どうして球状に見えるんだっけ、と思う。

ライトを消すと波音が聞こえる。
すぐに海があるのだ。

目が慣れるにつれて星の数が増える。
星が瞬く。
本当に星は瞬くのだ。

東京ではオリオン座の7つの星の中に
他の星なんて一つもない。
でもここでは冗談抜きに、オリオン座に囲まれた
エリアだけで100個くらい星がある。

滑走路はおそらく珊瑚礁をつぶしたのか、
椰子の木の林を切り倒したのかして作られたのだろう。
それでも僕はこの空間が好きだな、と思う。
人工的で、アスファルトしかない。

露光時間を長くしたデジカメで少し遊んだ後、
忘れ物が無いか確認して滑走路を後にする。

manihi midnight airport

明日この滑走路でパペーテに向かう。
そろそろこの旅も終わる。

続きを読む 
2008年1月 8日 00:48

title Tahiti - Manihi Observation of the stars (2008年1月 7日)

1/4。 ホテルには4組しかいない。 夕飯食べに来るか?とレストランから聞かれるほどだ。 レストランも4泊目になると僕らの好みや食べ方が わかってきていて対応してくれる。やりやすい。 昼間receptionで星を見るツアーが無いか聞くと 水曜だけと >>>
2008年1月 7日 00:47

title Tahiti - Manihi diving La Faille (2008年1月 6日)

1/4。
暇だったので2度目のダイビング。
マンタが見たかったが早朝じゃないと見られないとのこと。
もっと前に聞いておくべきだった。まあ仕方がない。

Sergeが用意してくれていたのはサメの餌付け。
Dropoffポイントに到着するとすぐさまサメが寄っている。
灰色で見たことのないタイプのサメ。
時折周囲の魚を威嚇する。

manihi diving

透明度が30~40mくらいじゃないかなと
入る前にSergeが教えてくれた。確かにかなりの透明度だ。

manihi diving

manihi diving

manihi diving

manihi diving

manihi diving

すぐに49分が過ぎる。
タンクの残り量がまだ100ある。
エミクロくんは65くらい。

続きを読む 
2008年1月 6日 00:45

title Tahiti - Manihi - sunset (2008年1月 5日)

1/4。
電話を操作して18:15にモーニングコールをかけて
昼寝する。

18:15に電話が鳴ったとき、僕は完全なレム睡眠の中にいた。
それでも僕は迅速に起き上がることが出来る。
ふらつく頭でエミクロくんをたたき起こして
自転車に飛び乗ってDeep Sea側の海岸を目指す。

日が沈むぎりぎりで、空がうっすらとオレンジ色にはなっているが
太陽は見えない。
木々の間からようやく海岸が見えたとき、太陽は完全に雲の中に隠れている。

twilight manihi

見上げた空は雲一つ無いのに
水平線上にだけ雲があるなんてちょっと理不尽だよな
と思いながら、ほぼ昨日と同じような夕焼けを見る。

しかし当然の事ながら、同じ夕焼けなんて存在しない。
潮は引いており、遠浅の海が干潟のように見えている。

続きを読む 
2008年1月 5日 00:44

title Tahiti - Manihi Pearl Resort diving Le Tombant (2008年1月 4日)

1/2。
せっかくダイビングライセンスを取得したのでダイビング。
Manihi Pearl Resortにはダイビングショップが併設されている。
毎晩18:30になるとショップの店長?であるフランス人
らしき人物が客をバーで待つ。

元旦に2日のダイビングを申し込み、朝10時に出発。
ボートで10分、外海に出る。
基本的にこれまでは珊瑚礁帯から外側の海には出たことが無かった。
比較的波が強い。

もはや中性浮力とかなんだっけ的な様相を見せるエミクロくんをよそに、
いきなりボートから反転し海にドボン。

manihi diving

そこはもう完全な珊瑚礁の広がる海。
シュノーケリングでは体験したことのないタイプの海だ。
珊瑚が死んで出来た砂がない。

透明度は20mくらい、もっとだろうか?かなり先まで見通せる。
無数の魚たちがそれぞれ気ままな深さに浮遊する。
すごい。

manihi diving

少し泳いで、崖のように急勾配になった珊瑚礁の壁を沿うように
深く潜っていく。珊瑚礁の壁はとぎれず続き、魚も常に浮遊している。
どんどん青い世界になる。

すでに20分くらいは泳いでいただろうか、
深さ20mを過ぎたあたりで鼻づまりのせいなのか、
右耳の耳抜きが出来なくなり激痛。

もう上がらないとだめかと思いガイドに訴えてみると、
浮上するとのこと。2,3m浮上すると直る。ふうむ。

そのまま深さ20m程度を泳ぎ続ける。
大群に遭遇。

manihi diving

結局50分も潜り、終了。

続きを読む 
2008年1月 4日 00:42
 1 |  2 

Random Images>>
taiwan design museum Songshan Cultural and Creative Park 2 台湾デザインミュージアム 松山文創園區title Tatsuo Miyajima Art in You 02 宮島達男 水戸芸術館現代美術センターtitle Jamirock Festival in Nagisa West title FOSTER+PARTNERS - WORKING WITH HISTORY デンマーク建築センターtitle 3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田 3331:3331 ARTS CYDtitle Fuji Rock Festival 10 AM アジカンとOCEAN COLOUR SCENEtitle

Copyright© 2004-2014 Yukito Inoue All rights reserved.
1 1 1 1 1 1