ショパール(Chopard)の時計を個人輸入 | アメリカのアマゾン購入事例

ショパール(Chopard)の時計を個人輸入

プレゼント用。今までで一番高額なネットショッピングかもしれない・・・

Happy Sportというダイヤが文字盤の中で動く装飾で、竜頭がサファイアで出来ている。ダイヤを包む金属部品が絶妙なバランスを持ったコマのようになっており、傾けるとダイヤが動くと同時にくるくる回るのは見ていて結構綺麗。

正規直営店舗

日本の正規直営店舗が銀座にあり、実際に店舗に行った。
気に入った実物を装着?試着してみたが、カタログに掲載されていない機種ということだったので その場で価格とモデル番号まで印刷してくれた。

Chopard銀座本店見積もり

これがその印刷。型番と、価格76万円が印刷されている。思わずゼロの数を数えてしまう。
全く値段がわからず試着していたのでこれを見たときは驚愕した。
ちなみにダイヤの入っている数や、周りのダイヤによる装飾具合で(当たり前だが)ものっすごい高い物もたくさん置かれていた。

店員の方は非常に丁寧に接客してくれ、帰りに分厚く立派なカタログもいただいた。

保証について

帰宅後ネットで調べていると、Amazon.com アメリカのアマゾンでかなり割安に手に入りそうだったので保証について調べてみた。しかしやはり正規購入品でないと正規の保証は受けられそうにない。が、正規店舗でも故障対応はしてくれそうだった。

個人輸入だと、 楽天などでも購入可能な並行輸入品を購入しているのと同じ扱いになる。

Chopard Women's Happy Sport Diamond Watch 278893-3006

なお Amazon.com には、All Chopard watches purchased Direct from Amazon.com are covered by a limited two-year warranty at no additional costという文章があり、2年間の無料での保証がされるとのこと。

また、今回購入希望だった Happy Sportはクオーツ式、すなわち電池で動く水晶振動子式で、技術者仲間の情報ではスイス製やブランド物の高級な時計であってもほとんどのその心臓部分であるクオーツはセイコーなどの日本製の電子部品で出来ており、差が無いということだった。機械式のゼンマイ時計だと、摩耗などによる故障が考えられるが、クオーツ式だと故障の可能性は低い。

これらから、購入を決めて手続きを行った。

価格について

Chopard amazon.comでの価格

Amazon.com での価格。日本円決済で27万4千円と少しになっている。この後、ドル決済にしたところ Amazon.com の手数料分が差し引かれなくなり、1万円ほどの返金があった。最初に関税手数料分(Import Fees Deposit)も加算されている。

amazon.comのrefund(返金)

手違いでドル決済が日本円決済になっていたため、差額11496円が返金された。その後、関税分で余分にとられていた差額5440円も返金された。合計、274552-16936=257616円で購入したことになる。

日本正規店の値段と比べると66%引きくらい!!!

商品確認

Chopard Happy Sport 箱

届いた箱。高級感のある箱だった。発送後4日で届いた。DHL。
なお、受け取り時には関税や消費税、手数料等何もお金を払っていない。

Chopard Happy Sport 内箱

内箱も革のような素材出てきている。

Chopard Happy Sport 説明書と保証書の箱

説明書も箱の中に入っている。

Chopard Happy Sport 取り扱い説明書

説明書は日本語もあり。ただし正規の保証書が入っていると思われる部分は空になっていた。国際保証の文字はあるが、正規店舗に持って行くとどうなるのか不明。

この後、ベルトの調整が比較的簡単に出来たのだが、あまり詳しくない人はカメラ店等でベルト調整の依頼をした方が良いかと思われる。

なお注意したいのは、今回購入したのはアメリカのアマゾンによる販売だが、マーケットプレイスだと出品店舗により保証の内容が異なる点。

お知らせ

唐突ですが、「おばけパズル」というパズルを作っています。よかったら見てみてください。おばけパズル

ページトップへ戻る