title 20周年記念リマスター2CDアルバムのJayの解説の一部 (2013/05/05)

ジャミロクワイの最初の3枚のアルバムがリマスターとして発売されました。
アルバムなどに関するJayの解説がそれぞれブックレットに収められています。
UK盤、Travelling without movingの最初の段落だけ翻訳してみました。

「Virtual Insanityはこのアルバムで最初に作曲されて、そして最後にレコーディングした曲だ。

 日本でのThe Return Of the Space Cowboyツアー中に思いついたアイディアから、Tobyと自分はパディントンの小さな自分のアパートの地下室で作曲した。

 Wallisと自分は午後、仙台の街を散歩していた。巨大な都市だけど、半マイルは歩かないと他に生き物は見つけられなかった。冬の中頃で、全部雪に覆われていた。そして本当に誰もいなかった。
 ついに自分たちが老婆を見つけて、みんながどこにいるか聞いたんだけど、彼女が指さしたのは地下の都市に続いている階段だった。それはなんていうか、常軌を逸していた。
 いわゆる日本の特有の色や音、それらが地下に街として形成されているんだ。本当に狂っていた。狂っている世界がそこにあった。
 それが曲の最後のコーラス部分、"Now there is no sound for we all live underground"に繋がるんだ。正解に言うとその時点ではまだアルバムは書いていなかったから、そのフレーズとピアノを荒削りなデモとして棚にしまっておいたんだ。」

文章はだいたい20段落程度書かれており、これらの対訳が日本盤には収録されているようです。

リマスターCDの内容についてはこちら
日本盤についてはこちら



title 20周年記念リマスター2CDアルバム 国内盤も発売 (2013/03/01)

20周年記念リマスター2CDアルバムが3/8アイルランド、3/11イギリスと発売されるが、
Sony Music Japanによる国内盤も4/24に発売されるよう。

それぞれ型番はEICP-1551、EICP-1553、EICP-1555となっており、
現時点で発表されている収録曲は他の国のアルバムと同様。
「超貴重音源多数収録! ライヴ音源、レア音源、リミックスなどを収録したボーナスDISCが付いたデビュー20周年記念エディション! 全曲ジェイ・ケイ本人が自宅スタジオでリマスター。各曲解説エッセイも収録!」と説明がある。
収録曲等の詳細はこちらの記事を参照。

各曲解説エッセイが日本語訳されている可能性はありそう。
価格は500円ほど割高になっている。

2013/05/05追記
・日本盤は紙ジャケットではなく、プラスチックケースのよう。thanx to tobi, LILIBOU
1stアルバムの説明によると、日本盤にはブックレットが追加されている。
■20Pカラー・ブックレット
□28P日本語ブックレット
+ジェイ・ケイ本人による秘蔵エピソード満載のセルフ・ライナーノーツVol.1(日本語訳)
+当時の国内担当ディレクターと海外渉外担当者によるジャミロクワイ秘話Vol.1
+解説:橋本 徹
+歌詞対訳付


title リマスター2CDアルバムのジャケット・ディスク画像 (2013/02/05)

ジャミロクワイデビュー20周年を記念してそれぞれ2枚組で再販売される(リンク先詳細記事)
1st,2nd,3rdアルバムのジャケット及びディスク画像が公式facebookに掲載された。
日本では3/19に発売予定。

Emergency On Planet Earth
The Return Of The Space Cowboy
Travelling Without Moving

jamiroquai_eope_remaster.jpg
jamiroquai_rosc_remaster.jpg
jamiroquai_twm_remaster.jpg


title 20周年記念リマスター2CDアルバム発売 (2013/01/20)

ジャミロクワイデビュー20周年を記念して、
1st,2nd,3rdアルバムがそれぞれ2枚組で再販売される。
アイルランドのSony Musicが発表した
アイルランドでは3/8に発売される。

オリジナルアルバムは完全リマスター、
ディスク2枚目にはアルバム未収録曲、リミックス、ライブバージョン
などの曲が収録され、20ページのブックレットが付属。
歌詞に加えて、Jayのアルバムに関してのエッセイ(2000単語程度)が
書かれているという。

各アルバム収録曲は以下。


title Natural Energy 現存するJayの最古の曲か? (2011/10/21)

イギリスのSolar RadioがStreet Sounds showという番組で、JayもしくはJamiroquaiの最も古いと考えられている曲、Natural Energyを10/14に放送した。

 Acid Jazzレーベルから、シングルWhen You Gonna Learnを92年に発売しデビューしたとされているJamiroquaiだが、このシングルを発売する前にWorld Dance RecordsというレーベルでNatural Energyというレコードを非常に限られた数プレスしたようだ。
 Jayは2006年のBBCのインタビューでこの曲のレコードを作成したことについて言及、バッファローマンロゴをレコードの中央にプリントして、エキサイティングだったと語っている。

 ラジオ番組はSolar Radioで聞くことが出来る。24分10秒あたりから曲が始まる。


title Jamiroquai - Smile download開始 (2011/06/09)

アルバムジャケットのコンテストで当初より3日送れたが、新曲SmileをSoundCloudで無料配信開始。

facebook公式サイトでもアナウンス。

ジャケットはこちら!

Jamiroquai - "Smile" by Jamiroquai1
ダウンロードはこの右端の矢印マークでも可能。


title 新曲Smileを6/6無料配信 (2011/06/03)

ジャミロクワイは未発表の新曲、Smileを公式サイトfacebookSoundcloudで6/6に無料配信するとアナウンスした。

 ジャケットは決まっておらず、ファンにアイディアを募っている。6/6までにflickrのこのグループに投稿し、公式サイトに連絡先を伝えよう。シングルのジャケットに選ばれるチャンス!現時点で31の案が投稿されている。まだまだいけそうだ!

2011/06/06 22:30更新
Jamiroquaiは公式facebookで、22時30分頃「正直に言って、こんなにたくさんのジャケットの応募があるとは思わなかったしそれぞれがすばらしい出来で選ぶのに苦労している。申し訳ないが明日までには選ぶよ!エストニアのライブに出発する前までには」とコメント。新曲の配信も同時に明日以降になりそう。


title Radio Silence Travelogue (2011/05/31)

Radio SilenceのTravelogueというアルバムがリリースされた。Radio Silenceというグループはなんと、ジャミロクワイのキーボードMatt、ギターのRob、ベースのPaulで構成されている。Travelogueトラベログ、というタイトルは長いワールドツアーで世界中を旅する間につくられた曲たちへの命名としてとてもふさわしいように思える。

 マットは「ロブとポールと一緒にアルバムをつくって、itunesとか他のダウンロードサイトでリリースされた事を書くよ。これらの曲は6年前、アルバム ダイナマイトのツアーの時にホテルの部屋で退屈だった頃に書き始めたんだ。ツアーが終わってから、スタジオとドラマーを予約して1週間ほどレコーディングした。翌年にかけて基本的な曲に歌をつけてつくりあげ、色々なゲストシンガーを呼んだ。例えばインコグニートのVanessa Haynesもその中に含まれているんだ。それと、アメリカからラッパーも呼んだ。彼みたいなクールなラップを口ずさむやつには会ったことがなかったな。その彼に何曲かラップを取り入れてもらって、ブラスバンドもいくつかの曲には入れた。
 純粋に好きでやっていたから、そこから収入を得ることは出来なかったし、なかなか終わらなかったよ。ちょっと変わったものになっているとおもうけど、みんなには何かが伝わるんじゃないかと思う。」


title 2ndシングルはLifeline (2010/12/01)

Jamiroquaiはfacebookアカウントでプレスリリースを行い、その中でイギリスツアーとアルバムRock Dust Light Starからの2ndシングルの発表をしている。

1stシングルに続いて、え?と思う選曲ではあるが、
「サビのコーラスの間にスキットが入ってホンキートンクなピアノが鳴り響き、軽快なバースに70年代風のファンキーな管楽器と弦楽器がフィーチャーされている "Lifeline" が2011/01/23にリリースされる」、とのこと。

なお23日は日曜のため、物理的なCDリリースではなく先行ダウンロードシングルのWhite Knuckle Ride、1stシングルのBlue Skiesと同様にダウンロードシングルとなるとみられている。


title Rock Dust Light Star 日本盤は19曲収録 (2010/10/13)

ユニバーサルミュージックの日本公式サイトがジャミロクワイStoreをオープン、日本盤の予約を受け付けている。

 ページを見る限り、日本盤UICR-1086には輸入デラックス盤に収録される追加6曲と、日本盤ボーナストラックの全てが収録されている模様。

 2010/10/14・公式サイトのDiscographyでも確認、Amazon.co.jpには日本盤収録内容決定! 全19曲収録の文字がある。

 これなら安心してタワレコお箸をゲットしに走れる!(オンライン購入でも「ロック・ダスト・ライト・スター (特典付き)」となることを確認。)

ジャミロクワイ/ロック・ダスト・ライト・スター【国内盤】【CD】
フォーマット CD
発売日 2010年11月3日
組み枚数 1
発売国 日本

1. ロック・ダスト・ライト・スター/Rock Dust Light Star
2. ホワイト・ナックル・ライド/White Knuckle Ride 
3. スモーク・アンド・ミラーズ/Smoke and Mirrors
4. オール・グッド・イン・フッド/All Good In The Hood
5. ハーティン/Hurtin'
6. ブルー・スカイズ/Blue Skies
7. ライフライン/Lifeline
8. シーズ・ア・ファースト・パースウェイダー/She's A Fast Persuader
9. トゥー・コンプリートリー・ディファレント・シングス/Two Completely Different Things
10. グッバイ・トゥ・マイ・ダンサー/Goodbye To My Dancer
11. ネヴァー・ゴナ・ビー・アナザー/Never Gonna Be Another
12. ヘイ・フロイド/Hey Floyd
13. ザッツ・ノット・ザ・ファンク/That's Not The Funk ・・・日本盤ボーナス・トラック
14. オール・グッド・イン・ザ・フッド(アコースティック・ヴァージョン)/All Good In The Hood (Acoustic Version)・・・ボーナス・トラック
15. アンジェリン/Angeline ・・・ボーナス・トラック
16. ハング・イット・オーヴァー/Hang It Over ・・・ボーナス・トラック
17. ロック・ダスト・ライト・スター(ライヴ・アット・パレオ)/Rock Dust Lght Star(Live At Paleo) ・・・ボーナス・トラック
18. ホワイト・ナックル・ライド (Alan Braxe Remix) / White Knuckle Ride (Alan Braxe Remix) ・・・ボーナス・トラック
19. ブルー・スカイズ (Fred Falke Remix) / Blue Skies (Fred Falke Remix) ・・・ボーナス・トラック


title タワレコ予約特典発表。先着でお箸一膳 (2010/10/11)

Tower RecordsがアルバムRock Dust Light Starの日本国内盤を購入した人に先着でお箸一膳をプレゼント!と発表。
 え?どういうことなの??どんなお箸なの??ロゴ入り??


title Rock Dust Light Star輸入限定盤予約開始 追加6曲収録! (2010/10/07)

アルバムRock Dust Light Starの限定盤(追加6曲!)の予約が開始されている。

 Tower Recordsによると「アルバム収録曲のアコースティック・ヴァージョン、シングル曲のライヴ・ヴァージョンなど、通常盤より6曲多く追加収録された、デジパック仕様の限定デラックス盤。ユニバーサル 2010年10月06日(発売・販売元 提供資料) 」
 となっており、13曲目から通常のアルバムに追加しての収録がある。ただし、日本盤にボーナストラックとして収録されている13曲目のThat's Not The Funk I Wantは収録されていない。
HMVにも同様の記述がある

 レーベルがインタビューで答えていた限定ボックスセットにあたるのかは不明。日本限定盤の発売も不明。
2010/10/13 日本版に追加6曲+ボーナストラックが収録されることが判明

Rock Dust Light Star : Deluxe Version
発売日:2010/11/01 規格品番:2754288
レーベル:Mercury UK

1. Rock Dust Light Star
2. White Knuckle Ride
3. Smoke and Mirrors
4. All Good In The Hood
5. Hurtin'
6. Blue Skies
7. Lifeline
8. She's A Fast Persuader
9. Two Completely Different Things
10. Goodbye To My Dancer
11. Never Gonna Be Another
12. Hey Floyd
13. All Good In The Hood (Acoustic Version) (Extra Track)
14. Angeline (Extra Track)
15. Hang It Over (Extra Track)
16. Rock Dust Light Star (Live at Paleo) (Extra Track)
17. White Knuckle Ride (Alan Braxe Remix) (Extra Track)
18. Blue Skies (Fred Falke Remix) (Extra Track)


title Rock Dust Light Star正式アルバムジャケット公開 (2010/09/24)

Rock Dust Light Star Jamiroquai
6/26にロンドンで行われたライブで、「アルバムジャケットをみんなと撮影する」とステージ上で話していたJayだが、このほどこのジャケットが完成し公式サイトでアナウンスされた
 実際にはこの写真はロンドンでのライブではなく、7月18日にフランスのCarhaixで行われたライブ。Mitch Jenkinsという写真家によって撮影された。写真家のブログに、実際に撮影を行ったステージのビデオが掲載されている他、ブログ記事によると、Jayに同行しアルバムジャケット以外のプレス向け写真等を撮影したよう。
Untitled from mitch jenkins on Vimeo.


title シングルBlue Skiesの発売日も発表、アルバムと同じ11/1に。 (2010/09/23)

公式サイトがシングル、Blue Skiesの発売日を発表した。
 アルバムと同じ11/1にイギリスで発売される。シングルに収録される曲名等は公表されていない。これまでに発売されたシングルにはRemixが大抵収録されており、また今回のアルバムは収録曲以上の曲が用意されており、アルバムから漏れた曲が収録される可能性もある。


title アルバム収録曲名公式発表 (2010/09/21)

紆余曲折を経て、11/3日本発売のアルバムRock Dust Light Starの収録曲が公式に発表された。
これまでリークした情報、amazon.co.ukに掲載された内容ともに異なる。

1. Rock Dust Light Star
2. White Knuckle Ride
3. Smoke and Mirrors
4. All Good In The Hood
5. Hurtin'
6. Blue Skies
7. Lifeline
8. She's a fast Persuader
9. Two Completely Different Things
10. Goodbye To My Dancer
11. Never Gonna Be Another
12. Hey Floyd
13. That's Not The Funk I Want (日本盤ボーナストラック)


title Rock Dust Light Star 11/3発売! 予約開始! (2010/09/11)

Rock_Dust_Light_Star.jpg Rock Dust Light Star
日本盤のロック・ダスト・ライト・スターが2010/11/03発売でオンラインショップ等での予約が開始されている。価格は2500円、カタログナンバーUICR-1086。ボーナストラックがあることが記載されているが、詳細は不明。ボックスセットに関する情報はまだ無い。

輸入限定盤デラックスバージョン 6曲追加収録発表
タワーレコードが『国内盤(UICR-1086)をお買い上げの方に、
 タワレコ特典として先着でお箸一膳をプレゼント』と発表

国内盤に6曲追加+ボーナストラック収録の情報
収録曲情報


予約リンク
HMV
Tower Records
新星堂
Amazon.co.jp
楽天
Yahoo!ショッピング


title Rock Dust Light Starはボックスセットも準備中 (2010/09/07)

イギリスの音楽業界紙Music Weekはジャミロクワイのレーベル移籍とアルバムのプロモーションについて8/28号で記事を掲載している。
 それによれば、バンドは自らレーベルを立ち上げるために複数の投資家と接触したが、最終的にはタイミングが合わないとして断念した。
 ジャミロクワイのマネージャーである女性は、「我々はインフラ、特に国際的な流通経路が必要でした。そしてそれはユニバーサルから提供された」と説明する。メジャーレーベル複数と打ち合わせを行ったが、Jayは明確に変化を望んでいて、ユニバーサルは力を持っており、そのユニバーサルのマーキュリーレーベルが一番合った。みんなはこれが一番良い選択ではないと言うかも知れないが、我々が望んだものだ。と話している。

 ニューアルバムRock Dust Light Starについては、マーキュリーミュージックの社長であるJason Iley自ら、社をあげて販売戦略に力をあげるとし、テレビドキュメンタリーによるバンドの歴史を含むキャンペーンを展開すると話している。

 その他の計画として、ファンクラブ・抽選で当たったファン向けの特別なライブ、公式サイトjamiroquai.comをプロモーションの中心として据えること、 バンドのロゴマークであるバッファローマンを前面に押し出した国際展開したプロモーション、Jayとバンドがさまざまなこと(ヘリコプターに乗ったりスタジオで演奏したり)をしているプロモーションビデオなどを計画している。

 また、ニューアルバムRock Dust Light StarはCD、レコード、歌詞カードと限定のバンドメンバーの写真(番号つき)が入っているボックスセットで発売されるという。


title 新曲White Knuckle Rideのmp3がオンラインで購入可能に (2010/08/27)

8/23にオランダのmega mediaがジャミロクワイの新曲White Knuckle Rideのダウンロード販売を開始した。このサイトでは日本からでもクレジットカードなどによる支払いが可能となっている模様。
 オーストラリアのauspOpが「今週中にメディアに対してリリースされる」という報道をした後、オランダのサイトに続いてAmazon.fr(購入できる地域に制限があり、日本では購入不可)も販売を開始している。日本での販売も近く行われると予想される。2010/09/29日本のJamiroquaiでも販売確認

 イギリス現地時間27日、オフィシャルサイトは、ニューアルバム"Rock Dust Light Star"からシングルとして'White Knuckle Ride'が限定のレコード盤と、ダウンロードバージョンで発売されたと正式に発表した。サイトによれば曲は3分38秒、カタログナンバーはKNUCKLECJ、Mercury Recordsレーベルからの発売。


title Rock Dust Light Star イギリスで11/1発売決定 (2010/08/16)

Rock_Dust_Light_Star.jpg Rock Dust Light Star

ジャミロクワイの7枚目(ベスト盤等を除く)のアルバムとなる、Rock Dust Light Starの発売が本日8/16に正式に発表された。公式サイトによれば、イギリスでの発売が11/1に決まっている。アルバムタイトルとなるRock Dust Light Starは6月ごろから既にライブで演奏を行っている(公式Youtubeアカウントで動画公開中)。アルバムはユニバーサルミュージックのレーベルである、Mercury Recordsからの発売となる。

 イギリスのhmv等で予約受付を開始しているが、ライブステージで撮影すると話していたジャケットは現在黒字に白抜きとなっており、暫定だと思われる。

 公式サイトからのコメント「現在の音楽シーンでは、多くのアーティストがディスコやエレクトロに影響を受けた音を演奏している。これに対してジャミロクワイのRock, Dust, Light, Starは原点に立ち返り、さらにオーガニックに、生の音を重視している。この切り替えはバンドに新しい息吹を与え、アルバムを完成させるに至った。私たちはファンの皆さんがこのアルバムを聞いて、共感してくれることを期待している。」

 Jayは「すべての音は生で録音した。これは本当にバンドの音を録音したものなんだ。前のアルバムはファンタスティックだったけど、全部なんと言うか、殺菌されたような感じだった。今回は俺たちのライブパフォーマンスの雰囲気をそのままつめこめた。」

 アルバムの録音は主にJayのBuckinghamshireの家にあるスタジオで行われ、一部はOxfordshireのHook End Manorで行われた。アルバムはすべてJayとバンドによって書かれ、Charlie Russell と Brad Spencerが今回初めてコラボレーションした。

 White Knuckle Ride(既に公式アカウントでYoutubeに投稿されている)という先行シングルがレコード盤のみで限定でリリースされ、続いて11月にBlue Skiesというカルフォルニアテイストの曲がリリースされる。


title ハイ・タイムズ・シングルズ 1992-2006 Blu-spec CD (2009/07/19)

ジャミロクワイのベストアルバムであるハイ・タイムズ・シングルズ 1992-2006に、Blu-spec CDというCDで限定生産で7/22に発売される。ブルースペックCDとは単純に言えば高音質CD。Blu-ray Discの素材と製造技術を応用して開発しており、通常のCDプレーヤーで再生ができる。音にこだわるファンの方は購入を考えてみては。。。


title ハイ・タイムズ: シングルズ 1992-2006 ?スペシャル・エディション? (2008/02/27)

2007年、2008年とJamiroquaiのJay Kayがイメージキャラクターとなったクラリオンだが、これを記念してクラリオンのキャンペーンソングFEEL SO GOOD (KNEE DEEP REMIX)及びジャミロクワイの最新映像となるクラリオンの2008年キャンペーン映像を収録したアルバム「ハイ・タイムズ: シングルズ 1992-2006 ?スペシャル・エディション?」が1年間の限定で、2008/04/02発売される。


title 日本盤 Live In Verona/ライヴ・イン・ヴェローナはうた字幕つき (2007/11/24)

ジャミロクワイ初のライブDVDであるLive In Veronaが、21日日本盤として発売された。この日本盤には歌の字幕がついていることがわかった。DVDそのものは02年にヨーロッパで発売されたもの。詳細はこちら


title ライヴ・イン・ヴェローナ DVDが日本でついに発売 (2007/10/01)

2002年にヨーロッパで発売された、ジャミロクワイ初の公式ライブDVDがようやく日本でも11/21発売に。 現在予約可能。'Funk Odyssey World Tour 2002' のヨーロッパlegにおいて、2002/7/8にイタリアの歴史的建造物ヴェローナの円形闘技場(Amphitheatre of Verona)で行われたライブを収録。 嵐の夏の夜、90分にわたり行われたこのライブは当初からDVDリリース向けに映像を収録したと言われていたらしい。 ライブ以外にも、オフ・ステージのドキュメンタリーやマルチアングルのトラックが含まれている。thanx to: one


title Montreux Jazz Festival 2003 DVD (2007/07/09)

モントルージャズフェスティバルのDVDがリリースされるようだ。Eagle VisionというモントルージャズフェスティバルのDVDを多数発売している会社から、発売日は10/1。140分間にわたり16:9、ドルビーデジタルサラウンドで収録されている。収録曲は以下。現在はUK版のみの情報しかないが、北米版もリリースされる可能性もある。北米版であれば日本のテレビで視聴可能。(Amazonで予約可能に。)


Use The Force
Canned Heat
Cosmic Girl
Little L
Blow Your Mind
High Times
Travelling Without Moving
Butterfly
Shoot The Moon
Soul Education
Just Another Story
Mr Moon
Alright
Love Foolosophy
Deeper Underground
ボーナストラック: 12 minute version of Space Cowboy from 1995 Montreux Jazz Festival.


title Alright 新Remixシングル発売 (2007/02/27)

去年からアナログ盤で発売されてきたRemixシリーズの最終盤となる、Alrightの12インチが3/26に発売される。Runawayのremixも手がけたAlan Braxe & Fred FalkeによるRemixを収録、96年に発売されたシングルに収録されているToddy TerryによるRemixも収録される。Jamiroquai.comで予約購入可能
・Alright (Fred Falke & Alan Braxe Remix) - 6.08
・Alright (Toddy Terry's In House Remix) - 7.20
ジャケットの色は赤。Jamiroquai.comで視聴可能。(2/27追加)
新たに追加された歌詞がある。HMVでレコード、Jamiroquai.comで音源ファイルの購入が可能。

alrightremix12.jpg


title ハイタイムズ:シングルズ1992-2006 デラックス・エディション 3/28発売。 (2007/02/23)

UKでは発売されていた2枚組High Times、日本でも発売が決定。2枚目はリミックス盤つき。収録曲は以下。青いスリーブケースに入っている。

01 Runaway (Tom Belton Remix)
02 Feel So Good (Knee Deep Remix) ---2007年度クラリオンCM曲
03 Emergency On Planet Earth (Masters At Work Remix)
04 Space Cowboy (David Morales Remix)
05 Little L (Bob Sinclair Remix)
06 Cosmic Girl (Tom Belton Remix)
07 Dynamite (Restless Souls Remix)
08 Seven Days In Sunny June (Ashley Beedle Heavy Disco Vocal Remix)
09 Virtual Insanity (Saleem Remi Remix)
10 You Give Me Something (Blacksmith R&B Remix)
11 Supersonic (Restless Souls Remix)
12 Love Foolosophy (Mondo Grosso Love Acoustic Mix)
が収録される。

Amazonで予約可能
thanx to: leo


title 日本限定盤DVDにはRunawayのPV収録 (2006/10/12)

日本盤初回限定盤には以下のプロモーションビデオがDVDに収録されることがわかった。Runawayのプロモーションビデオ収録はこのディスク以外には現在無い。トラックリストなどの詳細はこちら

Too Young To Die
Emergency On Planet Earth
Space Cowboy
Half The Man
Virtual Insanity
Cosmic Girl
Deeper Underground
Canned Heat
Little L
Love Foolosophy
Feels Just Like It Should
Seven Days In Sunny June
Runaway
これに伴い、DVD単品発売は無くなりそうな予感。


title 日本限定盤(DVD付き初回限定)はジャケットがオレンジ (2006/10/05)

11/8発売のHIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)のジャケットが公開された。リンク先で確認可能。他の国で発売される、自由の女神風ジャミロクワイハットのジャケットと異なるイメージ。DVD収録PVはまだ公開されていない。


title Runaway試聴開始! (2006/09/18)

オフィシャルサイトで新曲Runawayの試聴が開始された。アルバムDynamiteのイメージを保っている曲調。turbulence, chasing rainbowsなどがちらりと聞き取れる。

オフィシャルサイト・ストアは同時にシングル、グレイテストヒッツのCD、DVDの予約を開始。Runawayのシングルは11/6発売で3種類、ジャケットは不明。

CD Single
Runaway - Original Version
Runaway - Tom Belton Edit

CD Maxi-Single
Runaway - Original Version
Runaway - Tom Belton Remix
Runaway - Grant Nelson Remix
Runaway - Alan Braxe Remix

12" Single
A1: Runaway - Original Version
A2: Runaway - Grant Nelson Remix
B: Runaway - Alan Braxe Remix


title Jamiroquai / Runaway のRemixがオンラインで (2006/09/16)

グレイテストヒッツ"High Times: Singles 1992-2006"に収録される新曲RunawayのPromoCDがリリースされており、その収録曲は以下のようになっている。
Radio Hortonのサイトによればシングルのリリースは10/30となっている。

Runaway - Alan Braxe & Fred Faulk Remix
Runaway - Alan Braxe & Fred Faulk Dub
Runaway - Grant Nelson Remix
Runaway - Grant Nelson Dub
Runaway - Tom Belton Remix
Runaway - Tom Belton Dub

このうち Grant Nelson remix についてはMyspaceのリミキサー自身のサイトで視聴が可能になっている。
Jamiroquai.comのニュースによれば、Runawayが最初にオンエアされるのはイギリスBBCラジオで9/18日。


title ジャミロクワイ / グレイテストヒッツ予約が一斉に開始 (2006/09/11)

新曲2曲が収録予定のジャミロクワイ通算8枚目となるアルバム、グレイテストヒッツの日本での予約が一斉に開始された。
 Amazon.co.jpでは限定盤(15%OFF)と通常盤が予約可能で、それぞれ3150円と2520円となっている。発売は8日で、UKの11日より3日早く、世界に先駆けて発売されることになりそうだ。また、限定盤ではDVDが同梱され、10曲のプロモーションビデオが収録されるという。HMV, タワーレコードでも予約可能。なお英国ではタイトルがこのように報道されている。収録予定の2曲の曲名記事など。
 なおbounceの記事などを見る限り、日本ではGREATEST HITSというアルバム名で発売されるようだ。なお、このアルバムを持ってJamiroquaiはデビュー当初に行ったアルバム8枚分の契約を終えることになるようで、今後の活動についてはJayがインタビューでこの記事のように述べている。

追記9/13
収録曲がオフィシャルサイトで公開。

JAMIROQUAI 『HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006』
<初回盤>EICP-681?682、<通常盤>EICP-683
*日本先行発売予定:2006年11月8日(世界発売:11月13日)
*初回限定、ミュージック・ビデオを収録したボーナスDVD付
*日本盤のみボーナス・トラック収録

タイトル(収録アルバム)
01 When You Gonna Learn (Emergency From Planet Earth)
02 Too Young To Die (Emergency From Planet Earth)
03 Blow Your Mind (Emergency From Planet Earth)
04 Emergency On Planet Earth (Emergency From Planet Earth)
05 Space Cowboy (The Return Of The Space Cowboy)
06 Virtual Insanity (Travelling Without Moving)
07 Cosmic Girl (Travelling Without Moving)
08 Alright (Travelling Without Moving)
09 High Times (Travelling Without Moving)
10 Deeper Underground
11 Canned Heat (Synkronized)
12 Little L (A Funk Odyssey)
13 Love Foolosophy (A Funk Odyssey)
14 Corner Of The Earth (A Funk Odyssey)
15 Feels Just Like It Should (Dynamite)
16 7 Days In Sunny June (Dynamite)
17 (Don't) Give Hate A Chance (Dynamite)
18 Runaway (new track)
19 Radio (unreleased track)
20 Half The Man (The Return Of The Space Cowboy)*
*bonus track for Japan


title Love FoolosophyのRemix12インチも発売 (2006/08/24)

3枚のレコードシングルの発売が決定した後、4枚目となるLove Foolosophyのシングルが9/11に発売されると公式サイトが報じた。
収録曲は
Side A: Love Foolosophy - Paul Rincon Remix
Side B: Love Foolosophy - Knee Deep Remix
LoveFoolosophyRemixes12.jpg

 なお、このシングルシリーズは5枚あるようで、今回のジャケットはオレンジ。全てそろえると結構きれいな色になりそうだ。(これまでのジャケットはこちらで確認可能)


title High Times: Singles 1992-2006 (2006/08/22)

Jamioquaiのグレイテストヒッツのアルバム名がHigh Times: Singles 1992-2006であるとPlay.comが報じている。11/13日、イギリスで発売予定。Amazonで予約可能


title Cosmic Girl remix12インチ収録曲サンプル (2006/08/04)

8/7に発売される12インチシングル、Cosmic Girlの収録曲のサンプルがオフィシャルサイトで試聴可能。
・Tom Belton Remix
・Tom Belton Remix Dub
・Quasar Remix
・David Morales Classic Remix
http://www.jamiroquai.com/news/detail.aspx?Parent=News&id=138


title Deeper Underground remix12インチ収録曲サンプル (2006/08/03)

8/7に発売される12インチシングル、Deeper Undergroundの収録曲のサンプルがオフィシャルサイトで試聴可能。
・Paul Jackson's Version Excursion
・S-Man Emerged From The Deep Mix
・Metro Remix
・S-Man Meets Da Northface Killa Dub
・Paul Jackson Dub
http://www.jamiroquai.com/news/detail.aspx?Parent=News&id=138


title Deeper UndergroundのRemix12インチも発売 (2006/07/27)

Cosmic Girlと同じ日にDeeper Undergroundの12インチも発売。
Side A - Deeper Underground (Paul Jackson's Version Excursion)
Side B - Deeper Underground (S-Man Emerged From The Deep Mix)
が収録される。オフィシャルサイトで予約可能。
DeeperUndergroundRemixes12.jpg


title Cosmic GirlのRemix12インチ発売 (2006/07/27)

Space Cowboyに続き、8/7にCosmic GirlのRemixレコードが発売される。ジャケットもおそろいでシック。
A. Cosmic Girl (Tom Belton Remix) 試聴
B. Cosmic Girl (David Morales Classic Club Remix)
の2曲が収録されておりオフィシャルサイトで予約可能。
CosmicGirlRemixes12.jpg


title Space CowboyのRemix12インチ発売。 (2006/06/29)

Space CowboyのRemix12インチアナログ盤が5/29にリリースされた。
収録されているRemixは
Side A. Mayhem & Musaphia 2006 Reconstruction Mix (8.46)
Side B. David Morales Classic Club Remix (7.52)
限定サイトもオープン。公式サイトで視聴も可能な他、i tunes music store UK、amazon UKなどでも手に入る。
SpaceCowboyRemixes12.jpg


title (Don't) Give Hate A Chance video (2005/10/19)

公式サイトで(Don't) Give Hate A Chanceのビデオが見られる。ジャミロクワイ初のフル・アニメーション。ロンドンでは14日金曜日、SOHOのビルなどに大きく投影され、Jayも車でその様子を見に出かけたよう。シングル詳細情報はこちら


title Dynamite - Tour Edition 来日記念盤 (2005/09/13)

アルバムDynamiteの来日記念盤が限定で発売される。HMVによれば、ボーナスDVD、スペシャルスリーヴケースを付けた完全生産限定盤。DVDには"Feels Just Like It Should"、"Seven Days In Sunny June"のミュージックビデオ、そしてレア映像を収録予定とのこと。¥2,940.
ジャケットは9/20に発売されるアメリカ盤と同様。


title Dynamite DualDisc盤収録内容発表 (2005/09/01)

9/20にアメリカ盤が発売されるDynamiteのDualDiscのDVD層に、アルバム全曲の高音質バージョン、Feels Just Like It Shouldのプロモーションビデオ、およびメイキングビデオ、アルバム作成におけるJay Kayへのインタビューが収録されることがSony Music Storeで明らかになった。
 DualDiscは片面がCDで片面がDVDになっているディスクで、アメリカ市場では多くのアーティストがこの形式でアルバムをリリースしている。しかしCD規格を満たしていないため通常のプレーヤーで再生できない可能性がある。詳細についてはIT用語辞典を参照。ちなみにこのDVD面は、NTSCという日本と同じ映像形式を取っており、またリージョンフリーなので著作権的には日本でも一般的なプレイヤーで見られる。
 なお、アメリカ盤は他の地域と異なり、黒いジャケットに金属光沢があるような金色のメディシンマンの現れるジャケットになっている。


title Seven Days In Sunny June CD1 CD2 (2005/07/25)

UKシングル、Seven Days In Sunny Juneが7/25発売。内容は以下。オフィシャルサイトとAmazon.co.ukで予約開始。ジャケットが全て微妙に異なる。

CD1 - 2 Track CD
Seven Days In Sunny June - Radio Edit
Seven Days In Sunny June - Steve Mac Edit
Catalogue Number: 6760641

CD2 - CD-MAXI
Seven Days In Sunny June - Radio Edit
Seven Days In Sunny June - Steve Mac Remix
Seven Days In Sunny June - Oliver Lang Remix
Seven Days In Sunny June - Blackbeard Remix
Catalogue Number: 6760642

12" Vinyl
Seven Days In Sunny June - Steve Mac Classic Remix
Seven Days In Sunny June - Ashley Beedle Remix
Catalogue Number: 6760646



title Seven Days In Sunny June 8/15発売 (2005/07/18)

DynamiteからのセカンドシングルとなるSeven Days In Sunny Juneが8/15に発売される。シングルにはSteve Mac, Oliver Lang, Ashley BeedleのRemixが収録されるよう。また、公式には発表されていないがKraak & SmaakによるRemixも行われているよう。
いくつかのRemixに関してはBBCで放送されており、かなり出来の良いRemixがあるようだ。
thanx to :yukihiro


title BeatboxはプロモCDのみ? (2005/06/22)

ようやく発売された Jamiroquai  Dynamite(HMV)だが、UKオフィシャルサイトで告知されていた、12曲目に入っていたBeatboxという曲は、日本、UK、オーストラリア全てのエディションでCDに含まれていないことがわかった。イギリス向けプロモCDには、この24秒の曲が含まれており幻の曲になった模様だ。今後シングルなどに収録されるかも現在は不明。


title Feels Just Like It Should シングル収録曲決定 (2005/05/25)

詳細はこちら。なお、Feels Just Like It ShouldはJ-WAVEのTOKIO HOT 100で5/15初登場40位。22日には9位となった。このチャートランクインはLittle Lの時と非常に似ており、この時は2001年の7/15初登場40位、次の週に7位、そして9週後には1位にランクインした。Feels Just Like It Shouldもこのようなチャートポジションを取ることが予想される。


title Seven Days In Sunny June - Dynamite 2nd single (2005/05/17)

BBC Radio 1 Chris Moyles breakfast showでDJが、Seven Days In Sunny Juneがアルバム・ダイナマイトの2枚目のシングルになるとアナウンスした。


title Feels Just Like It Should ジャケット決定 (2005/05/12)

Jamiroquai / Feels Just Like It Should Feels Just Like It Shouldのシングルジャケットが公開された。以前報じた、Promo CDと同じデザイン。黒色に割れたガラスのようなイメージと、メディシンマンロゴが若干3D気味で配置されている。


title Jamiroquai - Dynamite ジャケット決定か? (2005/05/12)

Jamiroquai / DynamiteHMV AustraliaSanity.com.au(いずれもオーストラリア)がアルバム・ダイナマイトのジャケットを掲載した。このジャケットが決定なのかどうかはまだオフィシャルには確定していないようだ。4thアルバムまでは一貫してメディシンマンロゴを配置してきたアルバムデザインだったが、5thアルバムでJayがジャケットに登場し今回もJayをフィーチャー。白黒で、若干魚眼レンズ風に部屋を捕らえた写真の右隅にお気に入りの自由の女神風帽子をかぶったJayが座り、軽く見上げている。これまでのアルバムジャケット一覧


title オフィシャルサイトでアルバム・シングルの販売を開始 (2005/05/04)

オフィシャルサイトがアルバムとシングルの販売受付を開始した。ページではポロシャツ姿のJayが5thアルバムのジャケットでかぶっていたものと同じ帽子をかぶっているジャケットが公開されているが、これが実際に発売されるジャケットになるのかは不明。現在Amazon.co.ukで表示されているジャケットも似たようなイメージ。

Feels Just Like It Shouldは2曲を収録したCDシングルと、CD Maxi Single(UK CD2にあたると思われる)、アナログ盤の3種類の予約が可能。
Amazon.co.jpでも商品の登録が行われたようで、Feels Just Like It ShouldFeels Just Like It Should CD2のページが存在する。
アルバムはCDとアナログ盤の予約が可能で、5thアルバムのときに発売されたDVDシングルなどは現在のところ予定されていないようだ。


title Dynamite 収録曲発表 (2005/04/23)

公式サイトがDynamiteの収録曲を発表した。以下の通り。日本盤にはこれに2曲ボーナストラックが収録される見込み。

1. Feels Just Like It Should
2. Dynamite
3. Seven Days In Sunny June
4. Electric Mistress
5. Starchild
6. Love Blind
7. Talulah
8. Give Hate A Chance
9. World That He Wants
10. Black Devil Car
11. Hot Tequila Brown
12. Beatbox
13. Time Won’t Wait



記事の内容を引用・転記する場合は引用もとあるいは
http://www.j-love.info/news/へのリンクをお願い致します。
このページのカテゴリー: Album/Single